シェアする

2018 J1リーグ 第16節 清水エスパルス vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

リーグ戦再開!W杯戦士も含めたメンバーで挑むも攻守ともに噛み合わずに、0-3で完敗・・・

2018FIFAワールドカップも7月15日の決勝戦で終了し、中断していたJ1リーグも再開しました。

中断前の15節は首位広島に勝利して、勝ち点差を11に縮めて4位で挑んだセレッソ大阪、悲願のリーグ初優勝に向けては、首位との勝ち点差はこれ以上離されたくはないところ。

リーグ再開の対戦相手は、清水エスパルス。平日水曜のナイトゲームで、アウェイの日本平に乗り込んでの一戦となりました。

試合の方は、前半の立ち上がりはチャンスを作ったセレッソですが、3ラインでのコンパクトな守備ができずにいると、徐々に清水にボールを握られ、セットプレーの流れから失点。

その後、清水に追加点を奪われて、後半もダメ押しの3点目を奪われると、攻守ともに立て直せず、無得点で0-3の敗戦。

清水エスパルス 2 前半 0 セレッソ大阪
1 後半
11′ ファン ソッコ
28′ 北川 航也
67′ クリスラン
得点

いいところなくの敗戦で、本当に完敗という内容でした。

リーグ戦の順位では、上位チームが勝利し、勝ち点差で離される結果となりました。ただ、下位チームも敗戦したので、順位は変わらず、4位をキープはしています。

スタジアム IAIスタジアム日本平
入場者数 9,782人
天候/気温/湿度 晴 / 28.4℃ / 79%
主審 柿沼 亨
副審 間島 宗一、川崎 秋仁
第4の審判員 秋澤 昌治

この日は、平日のナイトゲームで、そこそこの距離のある日本平ということで、DAZNでの観戦となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

清水エスパルス戦のメンバーはコチラ(写真は全て公式より)

直近の天皇杯の金沢戦のメンバーを中心にしていますが、GKはジンヒョン、ボランチには蛍が戻ってきています。そして、曜一朗が負傷してしまったので、2トップにはドンヒョンが入っています。

その影響(外国人枠の関係)で、ソウザはこの試合はベンチからも外れています。

清水エスパルス セレッソ大阪
スターティングメンバー
GK 13 六反 勇治 GK 21 キム ジンヒョン
DF 28 立田 悠悟 DF 2 松田 陸
3 ファン ソッコ 14 丸橋 祐介
4 フレイレ 22 マテイ ヨニッチ
25 松原 后 23 山下 達也
MF 10 白崎 凌兵 MF 6 山口 蛍
17 河井 陽介 7 水沼 宏太 77′
30 金子 翔太 10 清武 弘嗣 73′
19 ミッチェル デューク 66′ 43 オスマル
FW 20 クリスラン 73′ FW 9 杉本 健勇
23 北川 航也 81′ 18 ヤン ドンヒョン 61′
控えメンバー
GK 1 西部 洋平 GK 27 丹野 研太
DF 27 飯田 貴敬 DF 16 片山 瑛一
45 角田 誠 4 藤本 康太
MF 15 兵働 昭弘 73′ MF 15 木本 恭生
29 石毛 秀樹 66′ 17 福満 隆貴 77′
FW 11 村田 和哉 24 山村 和也 73′
18 長谷川 悠 81′ FW 13 高木 俊幸 61′
監督
ヤン ヨンソン 尹 晶煥

試合展開

前半の立ち上がりは、セレッソが一瞬攻勢に出ます。

2分には、蛍からマルに展開し、マルからグラウンダーでのアーリークロスを上げると、これがゴール前に走りこんでいたキヨに渡ります。決定機か!と思いきやシュートを打てず、得点には至りません。

ワールドカップお疲れ様!セレッソのキャプテンとして奮闘する蛍

左サイドからチャンスを作っていたマル

しかし、セレッソがよかったのは、ここまで。徐々にエスパルスにボールを握られるようになります。

そして、11分にはコーナーキックの流れから、一度、クリアはするものの、こぼれ球をペナルティエリア左角付近から、狙いすましたシュートを決められてしまい、先制を許します。

この日のセレッソは、選手間の距離がよくなく、守りではブロックの前のスペースを使われて、ボールを回され、攻撃では、パスミスでのボールロストや、セカンドボールを拾うことができずに、相手のペースで試合を運ばれます。

25分には、宏太から健勇に浮き球のパスを通すと、胸でトラップした健勇がシュート。しかし、GKにキャッチされます。

少し攻撃ができるようになってきたセレッソでしたが、28分に追加点を奪われてしまいます。

左サイドをキレイに崩されてしまい、クロスをクリアしきれずにいると、相手FWにこぼれ球を押し込まれて、前半で2-0。

前半は2-0と清水リードでハーフタイムに。

後半に入っても、なかなか攻撃が噛み合いません。2点リードした清水が引いて守ることもあり、ボールは回せますが、相手を崩すことができず、クロスをサイドから中に入れては跳ね返され、セレッソはゴールを奪うことはできません。

相手FWクリスランとマッチアップする山ちゃん

豊富な運動量でバランスを取り続けるボランチのオスマル

そして、ドンヒョンとトシを交代させ、健勇が1トップ・キヨがトップ下に入る4-2-3-1のフォーメーションに変更します。

これで機能しはじめるかと思ったのですが、相手に追加点を奪われてしまい、3点のリードを許します…。

その後、キヨ→やまむーとして、2トップ(やまむー+健勇)に戻したり、宏太→隆貴と交代させて攻撃に変化をつけようとしますが、効果的な攻撃はできず、得点を奪えないままタイムアップ。

勝利を目指した一戦でしたが、0-3で完敗という結果となりました。

感想など

残念な結果となりました。

前半の立ち上がりにゴールできたら、ひょっとしたら流れは違ったのかもしれませんが、曜一朗がいないチーム状態では、同じ展開だったかもしれませんね。

天皇杯で負傷交代した曜一朗がいたら、健勇・キヨ・曜一朗の動きで崩すことはできたかもしれませんが、ドンヒョンと健勇のコンビでは、少し難しかったようです。

曜一朗はお隣からのオファーがあったり、途中交代での対応・姿勢なども含めて、いろいろ言われたりもしていましたが、負傷でいなくなって、曜一朗の存在がわかる少し皮肉な結果となってしまいました。

この日は途中から、やまむーをトップで起用しましたが、次はやまむーが2トップ起用でスタメンに入るかもしれませんね。

この試合から始まる12連戦の初戦は残念ながら完敗で終わりましたが、ここから中2日・3日での試合が続いていきますので、切り替えて・立て直して欲しいですね。

あと、若干どうでもいいことですが、元セレッソでもあるDAZN解説のO津氏のイントネーションと、解説内容が(ひどくて)気になってしまうのは、なんとかして欲しいですw。音はほぼ消して観るのでいいんですけどねw

がんばれ!セレッソ大阪!!

試合詳細はコチラ

Jリーグ公式ハイライト動画

セレッソ公式ハイライト動画

2018明治安田生命J1リーグ 第16節 2018.7.18 (水) 清水 vs C大阪(オフィシャル)

2018明治安田生命J1リーグ 第16節 清水vsC大阪(まいど!セレッソ)

J1 第16節 清水戦|試合後の尹晶煥監督(セレッソ)記者会見コメント

J1 第16節 清水戦|試合後のセレッソ選手コメント(健勇・ドンヒョン・蛍・トシ・やまむー)

更新日:2018年7月18日(水) 22:32

順位
クラブ名
勝点
試合数
得点
失点
得失点
1 サンフレッチェ広島 40 16 13 1 2 26 8 18
2 FC東京 31 16 9 4 3 22 13 9
3 川崎フロンターレ 30 16 9 3 4 24 13 11
4 セレッソ大阪 26 15 7 5 3 20 17 3
5 北海道コンサドーレ札幌 26 16 7 5 4 21 19 2
6 ヴィッセル神戸 25 16 7 4 5 24 17 7
7 ジュビロ磐田 22 16 6 4 6 18 18 0
8 ベガルタ仙台 22 16 6 4 6 19 26 -7
9 清水エスパルス 21 16 6 3 7 22 21 1
10 横浜F・マリノス 20 16 5 5 6 31 26 5
11 浦和レッズ 20 16 5 5 6 15 14 1
12 柏レイソル 20 16 6 2 8 19 20 -1
13 鹿島アントラーズ 19 15 5 4 6 15 19 -4
14 湘南ベルマーレ 19 16 5 4 7 18 23 -5
15 V・ファーレン長崎 17 16 5 2 9 21 27 -6
16 ガンバ大阪 15 16 4 3 9 14 23 -9
17 サガン鳥栖 14 16 3 5 8 15 22 -7
18 名古屋グランパス 9 16 2 3 11 15 33 -18
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)