シェアする

2018 J1リーグ 第33節 セレッソ大阪 vs 柏レイソル

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

ホーム最終戦セレモニー

ホーム最終戦ということで、試合終了後にピッチに整列してセレモニーが開催されました。

J1 第33節 柏戦|試合後セレモニーでの山口蛍キャプテン、尹晶煥監督コメント(まいど!セレッソ)

そして、キャプテンの蛍と、監督の尹さんからそれぞれコメントがありました。

蛍は感極まって言葉に詰まるシーンもありました。

尹さんはセレッソへの感謝の言葉を日本語で伝えてくれて終始笑顔でした。

動画はコチラ

ゴール裏には以下の横断幕が出てました。

「共に掴んだ二つの星を俺達は忘れない」

「★尹さんありがとう。尹セレッソで掴み取った」

「2つの星はエンブレムと共に永遠に輝き続けます★」

本当に2冠獲得させてくれてありがとう!尹さん!!

感想など

場内一周でゴール裏で記念撮影

モニさん・シャケさんだけで記念撮影(間に曜一朗います)

この2人だけ別に記念撮影ということは…って思ったりしますね。

場内一周での尹さん(笑顔でよかった)

セレッソに初めてのタイトル、そして2冠を獲得させてくれたOB監督の尹さんには感謝の言葉しかありません。

退任が尹さんのホーム最終戦でしたので、勝って終わりたかったですし、直近の川崎戦にきっちり守って勝てたので、その継続で連勝を飾りたかったのですが、残念ながらそれはできませんでした。

ここ数節の敗戦した試合よりはいい展開で(少なくとも前半は)戦えていたので、本当に勝ちたかったです。

とはいえ、堅守速攻とハードワークで昨年は勝利を積み重ねてきたセレッソが、今年はボールを持ちながら攻撃を上積みしようとして、残念ながら失敗していたのが実態で、前節の川崎戦は去年のような戦い方で勝利し、柏戦は今年やろうとしていた戦いで負けたという感じですね。

このあたりが、再現性がある攻撃ができていない尹セレッソの課題であり、それを結局克服できなかった一年の集大成という形だったのかもしれません。

ただ、シーズン途中からのゴタゴタがサポーターにも透けて見えてしまう異常な状態で、ワールドカップの中断期間以降、徐々にチームが崩れてしまいました。チームが同じ方向を向いて、尹さんの思うサッカーを体現できるチームになっていたら、もう少し違う景色が見えたのではないかと個人的には思っています。

OBのレジェンド監督で、初タイトルを獲ってくれた監督で、今年もACL・ルヴァンカップ・天皇杯・リーグ戦とそこそこの成績で、ACL出場圏内を争っていた監督を、支えきれずに退任に追い込んでしまったクラブの姿勢には、正直がっかりしました。

少なくともあと1シーズン、オフもしっかり取った形で、尹さん体制のチームを個人的には見たかったのですけどね。どういう基準で契約更新しなかったのかは、本当に知りたい部分ではありますね。

試合後のコメントやセレモニー・場内一周などで違和感のある選手が確実にいるのは事実で、チームがバラバラになる前になんとかできなかったものかなと思ったりします。

来シーズンは、チームが監督をしっかり支えて、チームの和を乱す不満分子には冷静な対応をきっちりとして欲しいと思います。

今シーズンもあと1節、最後の試合はタカがいる横浜マリノスに、きっちりと勝利して締めくくって欲しいです。

柏戦でもやまむーが入ってから攻撃が活性化したので、やまむー・健勇のスタメンでいいのではと思っていますw。

がんばれ!セレッソ大阪!!

試合詳細はコチラ

Jリーグ公式ハイライト動画

セレッソ公式ハイライト動画

2018明治安田生命J1リーグ 第33節 2018.11.24 (土) 14:03KO C大阪vs柏(オフィシャル)

2018明治安田生命J1リーグ 第33節 C大阪vs柏(まいど!セレッソ)

J1 第33節 柏戦|試合後の尹晶煥監督(セレッソ)記者会見コメント

J1 第33節 柏戦|試合後のセレッソ選手コメント(蛍・健勇・曜一朗・宏太・マル・ジンヒョン)

明治安田生命J1リーグ

更新日:2018年11月24日(土) 19:56

順位
クラブ名
勝点
試合数
得点
失点
得失点
1 崎フロンターレ 66 33 20 6 7 55 26 29
2 サンフレッチェ広島 56 33 17 5 11 45 33 12
3 鹿島アントラーズ 55 33 16 7 10 50 39 11
4 北海道コンサドーレ札幌 54 33 15 9 9 46 46 0
5 FC東京 50 33 14 8 11 37 31 6
6 浦和レッズ 48 33 13 9 11 48 37 11
7 清水エスパルス 48 33 14 6 13 52 44 8
8 ガンバ大阪 48 33 14 6 13 39 42 -3
9 セレッソ大阪 47 33 12 11 10 37 37 0
10 ベガルタ仙台 45 33 13 6 14 42 51 -9
11 ヴィッセル神戸 42 33 11 9 13 42 50 -8
12 横浜F・マリノス 41 33 12 5 16 55 54 1
13 ジュビロ磐田 41 33 10 11 12 34 46 -12
14 湘南ベルマーレ 40 33 10 10 13 36 41 -5
15 サガン鳥栖 40 33 10 10 13 29 34 -5
16 名古屋グランパス 40 33 12 4 17 50 57 -7
17 柏レイソ 36 33 11 3 19 43 52 -9
18 V・ファーレン長崎 29 33 8 5 20 35 55 -20

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする