シェアする

2018シーズン セレッソ大阪のまとめ(トップチーム)

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

ルヴァン・大阪ダービー敗戦後のバラバラ感:9月~12月

J1第25節 9/1(土)19:30 浦和レッズ(A) ○2-1

1週間の期間があいての久々のリーグ戦。ホームに近い感覚があるアウェイ埼玉スタジアムに乗り込んでの一戦は、蛍・マルが直前に離脱しメンバー外に。浦和に先制されますが、オスマル・ソウザのゴールで逆転勝利。ソウザのミドルのゴラッソは美しかった!順位も5位に浮上。この試合後は代表ウィークで森保ジャパンの初招集のタイミングでした。

2018 J1リーグ 第25節 浦和レッズ vs セレッソ大阪(AWAY)
アウェイ浦和で先制されるも、オスマル、ソウザのゴールで逆転勝利! 前節の第24節に首位広島に敗戦し、勝ち点差が16と広がってしまったこ...

ルヴァンカップ準々決勝 第1戦 9/5(水)19:03KO 湘南ベルマーレ@Shonan BMW スタジアム平塚 ●0-3

昨季王者として臨んだルヴァンカップ準々決勝。第2戦目のホームに向けてターンオーバーをするかと思いきや、代表招集メンバーのジンヒョン・健勇以外は直近のリーグ戦浦和戦と同じメンバーを並べるベストメンバー(U-21枠も代表招集の関係で使わず)で挑みます。しかし、湘南のハイプレスの前にボールを上手く運ぶことができず失点すると、交代策もハマらず、結局0-3で痛い敗戦。アウェイゴールを取れなかったのも痛かった。

2018JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪(AWAY)
昨年度王者として挑む今季のルヴァンカップ初戦は、敵地湘南でアウェイゴールも奪えず3失点で完敗 2017年のルヴァンカップで悲願の初タイ...

ルヴァンカップ準々決勝 第2戦 9/9(日)19:03KO 湘南ベルマーレ@ヤンマースタジアム長居 △2-2

ほぼベストメンバーで完敗した初戦から中3日での第2戦はホーム長居で大逆転を目指して戦います。代表招集を辞退していた蛍が間に合ったためスタメン入り。蛍をアンカーに置く布陣で挑みますが、2点を奪っても2点を奪い返される展開で、結局2-2のドロー。アグリゲーションスコアでも2-5で完敗。天皇杯に続き、ルヴァンカップも連覇の夢が途絶えました。この試合のあと、他サポからの蛍のたたかれ方も残念でした。

2018JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 セレッソ大阪 vs 湘南ベルマーレ
大逆転を目指したホームでの第2戦は、先制するも2度追いつかれてドロー。2戦合計で2-5のスコアで敗戦。連覇ならず…。 準々決勝のアウェ...

J1第26節 9/14(金)19:03KO ジュビロ磐田 (H:キンチョウ) △1-1

桜スタジアムへの改修を控えるキンチョウスタジアムのラストマッチとして開催された磐田戦。金Jでスタグルが食べ放題・飲み放題という太っ腹なDAZNフェストという企画もあったこの試合、先制を許すもののオスマルのゴールでドロー。ただ順位は6位に後退。

2018 J1リーグ 第26節 セレッソ大阪 vs ジュビロ磐田 ~キンチョウ・ラストマッチ~
後半先制を許すもオスマルのゴールで追いつきドロー。キンチョウスタジアム改修前のラストマッチを勝利で飾れず 前節25節、アウェイ浦和で逆...

J1第27節 9/22(土)19:03KO 湘南ベルマーレ(A) △1-1

ルヴァンカップの準々決勝で対戦したばかりの湘南との対戦。開始早々に健勇が肩の脱臼で負傷交代。押し込みながらも得点を奪えずにいると、後半終了間際に失点。敗色濃厚な後半ATのコーナーキックではジンヒョンも上がっての総攻撃、ソウザがゴールにねじ込みなんとかドロー。順位は5位に上昇。

2018 J1リーグ 第27節 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪(AWAY)
攻撃で圧倒する展開も決めきれず終盤ミスから失点。ラストプレーで追いつき土壇場でドローに持ち込む 残り8節となりリーグ戦終盤のJ1リーグ...

9月(まとめ)5戦:1勝3分1敗

10月

J1第29節 10/6(土)14:03KO ガンバ大阪 (H:ヤンマー) ●0-1

ホーム長居での大阪ダービーでしたが、ダービーでダブルを食らうという残念な結果に。この試合では曜一朗がベンチ外、湘南戦で負傷した健勇も不在でやまむーの1トップで挑みましたが、得点が奪えずゴールが遠かった…。そして試合翌日には「尹さん解任濃厚」という報道が出るなどショッキングな出来事が続いた試合でした。順位も8位まで後退。

2018 J1リーグ 第29節 セレッソ大阪 vs ガンバ大阪
ホームヤンマースタジアム長居での大阪ダービーは0-1で敗戦。アウェイでの敗戦に続き「ダブル」を喫す 平成最後の大阪ダービーと銘打って開...

J1第30節 10/20(土)19:03KO FC東京(A) ○1-0

代表ウィークで期間後、3位の東京との一戦。スタメンに曜一朗・健勇が復帰しますが、攻撃は噛み合わず守勢にまわる展開が続きます。相手の攻撃に耐えていた終盤にロングカウンターからキヨが豪快なボレーシュートを決めて見事勝利!!3位と勝ち点差2の7位に浮上。

2018 J1リーグ 第30節 FC東京 vs セレッソ大阪(AWAY)
代表ウィーク明けのFC東京戦は耐える展開も、後半終了間際のロングカウンターでの1点を守りきり、リーグ戦久々の勝利! 直近のリーグ戦、第...

J1第31節 10/31(水)19:03KO 鹿島アントラーズ(A) ●0-1

鹿島がACL決勝に進出したことで平日開催となったアウェイ鹿島戦。ACL決勝に向けて若手主体にメンバー変更をしてきた鹿島相手にボールは握れるものの、カウンター主体で攻め込む鹿島ペースで試合は進みます。そして後半ついにリードを奪われると、得点を奪い返すこともできず残念な敗戦。順位は7位のままですが、3位との勝ち点差が5に広がりACL出場圏が遠のく。

2018 J1リーグ 第31節 鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪(AWAY)
ACL決勝の影響で試合開催日が平日に変更された第31節は、若手中心の相手に得点機会を活かせないまま無得点で悔しい敗戦 2018シーズン...

10月(まとめ)3戦:1勝2敗

11月

J1第28節 11/6(火)19:03KO 名古屋グランパス(H:キンチョウ) ●0-1

台風の影響で順延されていた第28節は、キンチョウスタジアム開催となり、まさかの2回目のキンチョウラストマッチ。降格圏争い中の名古屋相手に不敗神話のあるキンチョウスタジアムで勝利を目指して戦いましたが、攻撃が全く噛み合わずいいところなく敗戦。順位も8位に。

2018 J1リーグ 第28節 セレッソ大阪 vs 名古屋グランパスエイト
キンチョウスタジアムのラストマッチは攻撃が機能せず、名古屋に0-1で敗戦し今季初の連敗 台風の影響で延期されていた第28節の名古屋戦は...

J1第32節 11/10(土)14:03KO 川崎フロンターレ(H:ヤンマー) ○2-1

残り3節となったJ1リーグ。この試合に勝てば自力優勝の決まる川崎サポが大勢長居に乗り込んできますが、尹さんが得意とする川崎相手にキッチリ守ってカウンターという戦術で、見事勝利!優勝した川崎相手には今シーズンも3戦3勝と抜群の戦績を残しました。他会場の結果で川崎の優勝が決まり、目の前で胴上げを見ることになりましたが、勝ったので落ち着いて見れました。

2018 J1リーグ 第32節 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ
堅守で川崎の攻撃を跳ね返し・カウンター2発で尹セレッソが狙い通りの快勝! 2018年J1リーグも残り3節。第32節はリーグ優勝に王手を...

J1第33節 11/24(土)14:03KO 柏レイソル(H:ヤンマー) ●0-3

11月19日に尹さんの退任が発表され、尹セレッソのホーム最終戦。なんとしても勝利で飾りたいこの試合でしたが、降格争いに巻き込まれていた柏相手に完敗。内容は最悪でしたが、ホーム最終戦のセレモニーで笑顔を見せてくれた尹さんを見れてよかったと思えた試合でした。蛍の涙やいろんな選手のコメントから、チーム一丸になれてなかった悔しさが出てた試合でした。

2018 J1リーグ 第33節 セレッソ大阪 vs 柏レイソル
今季ホーム最終戦は柏に0-3で完敗。尹セレッソのホームラストゲームを勝利で飾れず・・・ 2018年J1リーグも残り2節。昨シーズン 初...

11月(まとめ)3戦:1勝2敗

12月

J1第34節 12/1(土)14:03KO 横浜F・マリノス(A)  ○2-1

尹セレッソの最終戦。メンバーを変更して尹セレッソのサッカーを体現できるスタメンで臨んだこの試合、先制を許しますが、やまむー・キヨのゴールで逆転して見事勝利!チームの結束力と一体感が感じられる試合で締めくくれてよかったと思えた試合でした。やっぱり勝つっていいな。順位は7位でフィニッシュ。

2018 J1リーグ 第34節 横浜Fマリノス vs セレッソ大阪 (AWAY)
今シーズンの最終戦は、チームの結束力と一体感を見せて尹サッカーを体現したセレッソが逆転勝利で有終の美を飾る 2018年J1リーグの最終...

12月(まとめ)1戦:1勝

ルヴァン・大阪ダービー敗戦後のバラバラ感:9月~12月 12戦:4勝3分5敗

年間の公式戦(まとめ)47戦:18勝14分15敗 

まとめ(雑感)

2017シーズンと比較するとタイトルもなく、ACL出場権も獲得できずに残念な2018シーズンとなりました。

ワールドカップ期間前までは大きく勝ち越していましたので、ワールドカップ期間後にブレーキがかかってしまったのが残念でした。

シーズン終盤・終了後にはゴタゴタなチーム状況が見え隠れして、成績だけではなくいろんな意味でスッキリしないシーズンでした。

今、これを書いているのは、2019シーズン体制で始動しはじめたタイミングです。そして、新監督ロティーナさん、イヴァンコーチのもと、いろんなメニューを楽しそうに練習する選手たちを舞洲で見てきました。

まだ戦術を理解してカラダで覚えるまでには至ってないとは思いますが、これからキャンプに入り、練習を積み重ねるうちに、強くなれそうだなというワクワク感を感じることはできました。

チーム編成などでモヤモヤしていたことも個人的にはありましたが、練習を見て開幕が楽しみになってきました。

そのことで、2018シーズンのことをようやくまとめきることができましたw

新戦力と新監督の戦術が上手く融合して強いセレッソ、勝つセレッソを見たいなと思います。

今シーズンもセレッソ大阪の応援を楽しみます!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする