シェアする

2019 J1リーグ 第13節 セレッソ大阪vsFC東京

シェアする

ブルーノ メンデスのゴールで今季リーグ無敗の首位FC東京に黒星をつけ、リーグ戦9位に浮上

前節の敵地吹田での大阪ダービーを落としたセレッソ大阪、ウィークデーのルヴァンカップを勝利で飾り、再び上昇ムードに乗るためにも、勝利が欲しいところ。対戦相手は現在首位独走中のFC東京、リーグ戦12節を9勝3分とこれまで無敗を誇ります。

FC東京を率いる監督は2シーズン前まではお隣を率いていた長谷川健太監督。お隣時代は勝てなかった印象がありますが、2017年シーズン以降、FC東京は4戦4勝とお得意様にしているので、現在首位のチームとの対戦にも関わらず、試合前から勝てそうな気がしていました。

試合の方は、ボランチが主戦場の奥埜を2トップの1角に起用したセレッソが、攻守両面でハードワークで首位東京に対抗。守備では規律を守った守備でFC東京に自由を与えず、攻撃ではサイドチェンジを効果的に使いFC東京の守備を揺さぶり、終盤に陸のクロスからブルーノのヘディングで先制!終盤FC東京に訪れたチャンスもジンヒョンがビッグセーブで守り切り、1-0で完勝!!首位FC東京に今季初黒星をつけました。

セレッソ大阪 1 0 前半 0 0 横浜Fマリノス
1 後半 0
78’ ブルーノ メンデス 得点

26日に行われた他の試合の結果から、公式戦2連勝のセレッソ大阪が順位を9位に上げました。

この日は大阪市民デーで、1万人規模の無料招待があったようです。来場者数は24,624人ですが、この日のような試合を続けていけば、3万人規模の観客が毎試合訪れてくれるようになるでしょうか。

スタジアム ヤンマースタジアム長居
入場者数 24,624人
天候/気温/湿度 晴 / 29.8℃ / 25%
主審 池内 明彦
副審 今岡 洋二、田中 利幸
第4の審判員 鈴木 規志

そして、この日はシャープさんのサポーティングマッチ。来場者への製品プレゼントもありましたし、セレッソのフラッグを大量に配布してくださったので、スタジアムがピンクに染まってキレイでした。

あと、公認セレ女の「たこやきレインボー」が来場してミニライブ・アンセム斉唱を披露してくれていましたので、気持ち的にはもう少し観客が増えてくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始前

ピッツァロトロ(スタジアムグルメ)

最近お世話になっているスタジアムグルメ、今回もピッツァロトロさんのピッツァをいただきました。

この日は店員さんとして1名追加されて、2名で来客対応をされていました。前回(ルヴァンカップ大分戦)にはマスクをされていた奥様も、マスクなしで元気に応対されていましたので、元気になられていたようでよかったです。

石窯で焼いたピッツアがスタジアムグルメで食べれるなんて、素晴らしいですよね。

そして、今回、私がいただいたのは、「シラスと奈良県産青葱」のピッツア

前回のチキンカレーソースは、カレーとピッツアを両方食べてると思えるくらい濃厚でしたが、シラスと青葱のピッツアは素材の風味が楽しめる、また違ったタイプのピッツアで非常に美味しかったです。

某セレサポ様が広めだしたピッツアの輪(?)がかなり拡大し、一部のセレサポさんの中では、ロトロさんのピッツアでの「ピッツアビンゴ」が流行りだした(?)みたいです。何か楽しそうなので、私もチャレンジしてみたくなってきました

選手のアップシーン

この日のDAZNのレポーターは愛恵里ちゃん

選手がアップし始めたシーン

この日のベンチメンバーが鳥かご

相手の久保選手も撮ってみました

南米選手権の日本代表も含めて、キリンカップの日本代表にも選ばれていますし、まだ高校3年生というのが驚きですよね。

たこやきレインボー

そして「公認セレ女」のたこやきレインボーがヤンマースタジアム長居に来てくれていました。

5月25日(土)FC東京戦に「公認セレ女」のたこやきレインボーがスタジアムに登場しますので、ぜひご来場ください!◆対象試合2019明治安田生命J1リーグ 第13節 vs.FC東京5月25日(土)15:…

スタジアム・ミニライブ

試合前(選手アップ前)の時間帯にはミニライブを披露してくれました

披露してくれた曲は「RAINBOW~私は私やねんから~」と「シャナナ」の2曲でした。

この「RAINBOW」のメロディーは、この日ベンチ入りしていたGK圍選手のチャントに使われているので、セレサポとしては聴いたことがあるメロディーかと思います。

続く「シャナナ☆」は宏太(お湯沼)のチャントに使われている曲ですね。

「シャナナ」を歌いながらタオルをクルクル回しているところはこんな感じ

お湯沼さん(水沼宏太選手)のチャントを歌いながら、タオルマフラーをクルクル回しているときと同じですね。

アンセム斉唱

そして試合開始直前のセレッソ大阪のアンセムもたこ焼きレインボーが歌ってくれました

そして、このアンセムを歌い終わったら、フラッグシンフォニーに参加してくれていました。

宏太の大旗を振るお兄さんの後ろあたりにフラッグを持って参加してくれています

公認セレ女として、チームを本気で応援してくれるので嬉しいですね。

松井市長のあいさつ

大阪市民の招待デーだった関係で、松井市長が挨拶していました

この日の対戦相手がFC東京だったため「大阪府と大阪市一体で東京に負けない大大阪(だいおおさか)を作ろうと」という挑発をしていました(笑)

この挨拶に対して、おそらく「反維新派」の方が怒っていましたが、プロスポーツの試合で、そのホームタウンの首長が応援に来てくれるのは、クラブを支えてもらえるという意味で党派関係なくいいことだと思っています。政治とスポーツは切り離して考えますが、ホームタウンの自治体のサポートがあることは大事だと思っています。

そして「大阪市がなくなるとチーム名が」的なことを言ってる人もいるみたいですが、浦和レッズも大宮アルディージャも清水エスパルスも、自治体名が変わったところで、チーム名は変わっていませんので、あまり気にすることはないと思っています。

ちなみに、今回の市長の挨拶に目くじらを立てるよりも、私のYoutubeにアホらしい書き込みをして挑発するサポーターが応援しているお隣のクラブ名にホームタウンが入っていないことの方が、個人的には違和感があります(笑)

大阪都構想でクラブ名が変わるかもと話題にしたり問題にするくらいなら、そっちの方が元々問題な気がしますJリーグ規約的には(笑)。発足当時に「ガ●バ●田」とか「●ン●吹●」にしなかったのがそもそも変ですしね。まあ今となっては変えられないんでしょうけどね。

メンバー

FC東京戦のスタメン

前節のダービーからトシが外れて、デサバトが入っています。ボランチができるメンバーが3名(奥埜・藤田・デサバト)いることから、4-3-3かな?3-4-2-1かな?と試合前にはアレコレ考えていたのですが、ふたを開けてみれば4-4-2でしたね。

GKはジンヒョン。センターバックは木本・ヨニッチ、左SBはマル・右は陸。ボランチには藤田・デサバトが入り、左にキヨ、右に宏太。そして2トップにはブルーノ、奥埜の2人が入りました。

セレッソ大阪 FC東京
スターティングメンバー スターティングメンバー
GK 21 キム ジンヒョン GK 33 林 彰洋
DF 2 松田 陸 DF 2 室屋 成
3 木本 恭生 32 渡辺 剛 83′
14 丸橋 祐介 3 森重 真人
22 マテイ ヨニッチ 25 小川 諒也
MF 5 藤田 直之 MF 15 久保 建英
6 レアンドロ デサバト 8 髙萩 洋次郎 66′
7 水沼 宏太 90+1′ 18 橋本 拳人
25 奥埜 博亮 10 東 慶悟
FW 10 清武 弘嗣 85′ FW 9 ディエゴ オリヴェイラ
20 ブルーノ メンデス 89′ 11 永井 謙佑 74′
控えメンバー 控えメンバー
GK 1 圍 謙太朗 GK 1 児玉 剛
DF 16 片山 瑛一 90+1′ DF 6 太田 宏介
29 舩木 翔 MF 29 岡崎 慎
4 藤本 康太 45 アルトゥール シルバ 66′
MF 32 田中 亜土夢 85′ FW 17 ナ サンホ 74′
FW 13 高木 俊幸 89′ 21 ユ インス
34 山田 寛人 23 矢島 輝一 83′
監督 監督
ロティーナ 長谷川 健太

この日のベンチは、GKに圍。DFは、瑛ちゃん、翔、康太。MFとFWには、亜土夢・トシ・寛人が入っています。ルヴァンカップで出場した寛人がリーグ戦でもベンチに入ったので個人的には少しワクワクしていました。

あと、ルヴァンカップで2ゴールを挙げたソウザはベンチ外、曜一朗もベンチ外でした。2人ともコンディション面でベンチ外となったのでしょうか。それとも戦術的な理由なのかどちらかは不明ですが、スパッと決断するロティーナ監督はスゴイなと思っています。

試合開始前の整列

久保君を撮ってみました

両チームキャプテンのコイントス。FC東京は東選手ですね。

この日もベンチには、トックンのユニフォームがありました

(次ページに続く)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする