シェアする

2019 J1リーグ 第20節 セレッソ大阪 vs ベガルタ仙台

シェアする

両チームとも決定機を決めきれずにスコアレスドローで勝ち点1を分け合う

2019年J1の第20節はホーム ヤンマースタジアム長居にベガルタ仙台を迎えての1戦です。前半戦では第5節で対戦し、アウェイ ユアテックスタジアムで2-0で快勝しています。

2019 J1リーグ 第5節 ベガルタ仙台 vs セレッソ大阪(AWAY)
攻守に狙い通りの展開で流れの中からとっくん・亜土夢の加入後のリーグ戦初ゴールで快勝!開幕戦以来の勝利を挙げる J1リーグ開幕戦での勝利...

直近のセレッソはロティーナ監督の戦術が浸透し、リーグ戦でのスタメンは3試合連続同じ11人、戦績も2勝1分と調子が上がってきています。順位も暫定ですが6位につけ、この仙台戦でも同じスタメン11人で挑んできました。

対する仙台は前節の鹿島戦では大敗、正GKのシュミット・ダニエル選手がベルギーへ移籍、リーグ戦の順位も13位というなかで、新戦力の外国人GKの出番はあるのか、布陣は変わるのかなどが戦前に注目を集めていました。

試合は、これまでと同じスタメンで挑むセレッソに対し、仙台は新GKのスウォビィクを起用するなど前節から3人の選手を変更。前半チャンスを作りながら決めきれないセレッソ、仙台もカウンターから「シュートの精度が高ければ…」というシーンを作りますが、お互いにチャンスを決めきれない展開で前半を折り返します。後半もチャンスの数では上回るセレッソですが、相手GKのスウォビィクの好守もあり得点は奪えず、宏太が迎えた絶好機もシュートが浮いてしまってゴールを決めきることができません。仙台も得点は奪うことはできず、お互いスコアレスでドロー。勝ち点1を分け合う結果となりました。

セレッソ大阪 0 0 前半 0 0 ベガルタ仙台
0 後半 0
得点

無失点試合(クリーンシート)で勝ち点1を積み上げて、暫定順位で6位をキープしました。ただ、ボールの支配率や決定機の数では上回っていたので、得点を奪って勝ちたかったのが本心ではあります。でも、負けたわけではありませんし、今季リーグ戦での総失点数12もリーグ2位の誇れる数字ですので、堅守を続けながら、勝ち点を積み重ねて行って欲しいものですね。

スタジアム ヤンマースタジアム長居
入場者数 15,574人
天候/気温/湿度 曇 / 28.8℃ / 73%
主審 笠原 寛貴
副審 馬場 規、今岡 洋二
第4の審判員 田中 利幸

この日のヤンマースタジアム長居の観客数は15,574人。

シンハービールのバスケットボールユニを先着10,000名へのプレゼント等の各種イベントが企画されていたり、ニッポンハム・サポーティングマッチということで招待客(インターンの方)もいたので、もう少し入って欲しかったなというのが正直なところですね。

モノ(プレゼント)だけではなく、試合も含めて楽しいプレーを見せて、観客をどんどん増やしていけるといいなと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始前

スタグル(トトバーガーさん)

最近のホームの記事では、スタグルで食べたものをよく書いていて、ピッツアロトロさんのピッツアが多いのですが、今回は別のメニューにチャレンジしてみることにしました。

チャレンジしたメニューは、私のツイッターのタイムラインによく登場するトトバーガーさんです。

バックスタンド側のスタジアム内の売店で提供されていて、この日は限定で「サーモン」の提供がありました。

今回、初のトトバーガーだったので、通常メニューのトトバーガーとも悩んだのですが、結局「サーモン」をいただくことにしました。

バンズからサーモンフライが飛び出しているのが特徴で、めっちゃ美味しかったです♪

食べ終わってから以下のようにつぶやきましたが

「サーモン!」ではなく思わず「シャケ!」と注文して「サーモンですね?」と聞き返されて、ちょびっと恥ずかしかったですw。

スタグル(鶴心さん)

そして、スタグルをもう1つ。鶴心さんの唐揚げをいただきました。

事前に上のようなツイートがあったので、かなりワクワクしながら「これは食べなアカンな。何にしようかなようか」と考えていました

いただいたのはコレ。

結局、ネギ塩。桜姫の唐揚げ美味しかったです。

ロビー/ロビーナ(おかん)

そして、スタジアムに入って笑えたのがこの2人、ロビーとロビーナです。

マダムロビーナはピンクのママチャリ(自転車)に乗ってスタジアムを颯爽と走っていることがありますが、この時はロビーが邪魔していました。

前向きにロビーを追いかけたり、後ろに進みながら、ロビーを攻撃したりしながら、戯れる親子は微笑ましくて、スタンドからも笑いが起こっていました。

試合開始前

パワグロを歌っている時のセレッソゴール裏

仙台サポーターは屋根の下あたりに陣取って、屋根の反射を利用して声量をアップ

中段には大きなフラッグ・幕が数多くありました。遠く仙台から来てくださってありがとうございました!

メンバー

仙台戦のスタメン

フォーメーションは4-4-2

ここ3試合のリーグ戦と同じメンバーが並んだセレッソ大阪。

歩夢もスタメンに完全に定着しましたね。あと奥埜をFWで起用するのも定着してきました。とっくんが負傷で長期離脱を余儀なくされたので、FWの強化も図りたいところですが、今後どうするんでしょうかね。

セレッソ大阪 ベガルタ仙台
スターティングメンバー スターティングメンバー
GK 21 キム ジンヒョン GK 24 ヤクブ スウォビィク
DF 2 松田 陸 DF 4 蜂須賀 孝治
14 丸橋 祐介 23 シマオ マテ
15 瀬古 歩夢 13 平岡 康裕
22 マテイ ヨニッチ 2 永戸 勝也
MF 3 木本 恭生 86′ MF 17 富田 晋伍
5 藤田 直之 62′ 8 松下 佳貴
7 水沼 宏太 18 道渕 諒平 78′
10 清武 弘嗣 7 関口 訓充 70′
FW 20 ブルーノ メンデス FW 11 石原 直樹 85′
25 奥埜 博亮 62′ 9 ハモン ロペス
控えメンバー 控えメンバー
GK 1 圍 謙太朗 GK 22 川浪 吾郎
DF 16 片山 瑛一 DF 39 金 正也
23 山下 達也 86′ MF 14 石原 崇兆 70′
MF 32 田中 亜土夢 3 飯尾 竜太朗
6 レアンドロ デサバト 62′ 5 椎橋 慧也
FW 13 高木 俊幸 62′ 6 兵藤 慎剛 78′
34 山田 寛人 FW 29 ジオゴ アコスタ 85′
監督 監督
ロティーナ 渡邉 晋

FWのベンチメンバーには、寛人が入っています。夏の移籍期間で名古屋からレンタル移籍を打診されながらセレッソ残留を決めたという情報の曜一朗は、今回もベンチ外になっています。

現時点でのFWとしての位置づけ的には、ブルーノ・奥埜・トシ・寛人に次ぐ5番手の扱いですが、本人がそれを受け入れて、監督の戦術も受け入れて、自分勝手なブレーではなく、チームのためにプレーする姿勢を見せて、メンバーに戻ってきてくれるといいなと思っています。

仙台のスタメン

今回、元セレッソのクニくん(関口訓充選手)がお子さんを連れて整列したり、記念撮影をしてくれていた関係で、相手チームの試合前の記念写真をカメラに収める時間があったので、思わずシャッターを切っていました。

両チームキャプテンのコイントス

キックオフ前のアップでのジンヒョン。

少し芝もマシに回復してきたように思います。まだボコボコのところもありますので、次の鳥栖戦までには復活してきて欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする