シェアする

2019 J1リーグ 第4節 セレッソ大阪 vs 浦和レッズ

シェアする

ソウザのゴラッソで先制し今シーズン一番の試合内容も、FKとPKからの2失点で悔しい逆転負け

J1リーグのホーム開幕戦で勝利後、公式戦で4戦勝ちなしのセレッソ大阪。リーグ戦は第2節・第3節と連敗していますので、この試合には勝利して連敗ストップをしたいところ。

また、この試合後は、国際Aマッチデーウィーク(日本代表戦)のためJ1リーグ戦は中断期間に入りますので、中断前に勝利してチームを上昇気流に乗せたいところです。

対戦相手の浦和レッズは、セレッソ大阪の育成出身で、昨シーズンまでセレッソ大阪にいた杉本健勇選手が在籍しています。開幕戦はスタメン出場でしたが、直近の試合では途中出場も多かったので、この試合に出場してくるかは個人的には気にしていました。

試合の方は、セレッソ大阪が攻守に浦和を圧倒し優勢に試合を進めます。何度も相手ゴールに迫りますが、流れの中から得点を奪うことはできず、64分にソウザのFKで先制。その後もチャンスを作るものの決め手を欠き、浦和に終盤にFKとPKで立て続けに得点を許すと、反撃も実らず1-2と悔しい逆転負けとなりました。

セレッソ大阪 1 1 前半 0 2 浦和レッズ
後半 2
64´ソウザ 得点 76′ 興梠 慎三

82′ 杉本 健勇

これでリーグ戦は3連敗。1勝3敗の勝ち点3の14位となりました。

「得点をしないと勝てない」ですし、「セットプレーでしか点が取れてない」ところが残念ですが、試合内容は本当によかったのです。開幕直後はなかなか前にボールを運べず、シュートシーンも少なかったのですが、この試合では何度もペナルティエリア内に進入し、決定的なクロス・シュートが相手ゴールを襲っていただけに、残念な結果となりました。

前節の広島戦は12,044人と少なかったので、この試合の観客数も気にしていたのですが、21,022人と2万超の観客が入ってくれました。

スタジアム ヤンマースタジアム長居
入場者数 21,022人
天候/気温/湿度 曇 / 12.3℃ / 53%
主審 山本 雄大
副審 平間 亮、大川 直也
第4の審判員 間島 宗一

対戦相手が浦和ということも考えると、もう少し観客が入って欲しかったなという感覚もありますが、勝てていないので仕方ないのでしょうか。

まだ結果は伴っていませんが、内容は非常によくなっていると思いますので、「内容も面白くて勝てるチーム」「ワクワク感が味わえるチーム」になったら観客増えるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

浦和レッズ戦のスタメン

1トップにとっくんが入り、奥埜がベンチスタート。シャドウがキヨ・曜一朗となり、ボランチはデサバト・ソウザのコンビになりました。両サイドは右に陸・左にマルで、3CBには木本・ヨニッチ・片山が入ります。そしてGKはジンヒョンです。

対戦相手のレッズでは、健勇がスタメン入りしています。

セレッソ大阪 浦和レッズ
スターティングメンバー スターティングメンバー
GK 21 キム ジンヒョン GK 1 西川 周作
DF 3 木本 恭生 DF 46 森脇 良太
16 片山 瑛一 31 岩波 拓也
22 マテイ ヨニッチ 5 槙野 智章
MF 2 松田 陸 85′ MF 27 橋岡 大樹
6 レアンドロ デサバト 80′ 8 エヴェルトン
11 ソウザ 7 長澤 和輝 54′
14 丸橋 祐介 10 柏木 陽介 76′
FW 8 柿谷 曜一朗 85′ 3 宇賀神 友弥 76′
9 都倉 賢 FW 14 杉本 健勇
10 清武 弘嗣 30 興梠 慎三
控えメンバー 控えメンバー
GK 27 丹野 研太 GK 25 福島 春樹
DF 23 山下 達也 DF 4 鈴木 大輔
MF 25 奥埜 博亮 80′ 6 山中 亮輔 76′
51 西川 潤 MF 11 マルティノス 76′
7 水沼 宏太 24 汰木 康也
FW 13 高木 俊幸 85′ 29 柴戸 海 54′
20 ブルーノ メンデス 85′ FW 19 アンドリュー ナバウト
監督 監督
ロティーナ オズワルド オリヴェイラ

直近のルヴァンカップでデビューした西川くんが、早速リーグ戦でもベンチ入りしていて、展開によっては出番があるかもと、試合前からワクワクしていました。
ちなみに、西川くんの選手紹介は動画ではなく静止画になっていました。

試合展開

キャプテンはキヨ・レッズは柏木選手です

試合開始前の円陣

そしてハイタッチ

前半

セレッソボールでキックオフします

左CBに入る木本

左サイドに入るマル・木本がボールを展開

前半は序盤から、セレッソが積極的なプレーで浦和ゴールに迫るシーンを何度も作ります。

デサバトがドリブルで運んでエリア内に進入したり、とっくんを起点にセレッソがボールを繋ぎ相手ゴール前に迫るなど、これまでの試合でできていなかった攻撃で浦和を圧倒します。

特に右サイドの瑛ちゃん・陸・曜一朗の連係がよく、3人で右サイドを崩して浦和陣に入ってチャンスを作ります。

健勇が縦にボールを運ぼうとしたところを曜一朗が激しくあたりファウル(ファウル直後のシーン)

FKでの守備の場面(セレッソ守備陣はペナルティエリアのライン上にオフサイドラインを作ります)

何度もゴール前でシュートチャンスのあったとっくん、ゴールが見たいっ!

この日スタメンでソウザとボランチのコンビを組んだデザバト

セレッソのコーナーキックのシーン

28分には、キヨのバスから裏に抜け出した陸がゴールに迫りますが、中にクロスを送りますが相手DFにクリアされコーナーに。

このコーナーキックのセカンドボールから、とっくんにシュートチャンス!思い切って左足を振りぬきますが、シュートはゴール左に外れます。

34分にも右サイドからチャンスを作り、ソウザがペナルティエリア右から相手をキックフェイントで外してフリーでクロスを供給。ファーサイドでとっくんが滞空時間の長いヘディングシュートでゴールを狙うも、タイミングが合わずシュートは枠を外してしまいます。

シュートを決めきることができない展開でしたが、浦和を攻守に圧倒して前半を折り返します。

(次ページに続く)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする