シェアする

2018FIFAワールドカップ ロシア基本情報(チケット)

シェアする

2018FIFAワールドカップ ロシア チケット販売情報

2018FIFA World Cup Russia, ロシアワールドカップの一般向けチケットの申し込みは、既にFIFA公式サイトで開始されています。

日本サッカー協会から「日本代表戦の出場国枠チケット販売」についても、発表されていますので、ワールドカップチケットの販売概要に関して調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

チケット販売日程

2018FIFAワールドカップ ロシアのFIFA公式一般向け販売は3つの期間にわかれています。
第1期の販売期間は記事記載時点(2017年12月)時点で終了していますので、第2期以降でのチケット獲得を狙いたいと思います。

セールス期間1※終了済

抽選販売 2017年 9月14日~10月12日
先着販売 2017年11月16日~11月28日

この期間は12月1日のグループ分けの抽選前ですので、個々の試合のチケット(Individual Match Tickets:後述)がどの国の対戦になるかはわかっていません。

セールス期間2 ※現在ココ(2017年12月)

抽選販売 2017年12月5日~2018年1月31日
先着販売 2018年3月13日~2018年4月3日

日本サッカー協会の出場国枠のチケット販売もココですね。

ラストミニッツセール期間 ※現在ココ(2018年4月)

先着販売 2018年4月18日~2018年7月15日

セールス期間2までの販売の残り、スポンサーチケット等が販売されるようですので、空き状況は随時チェックするのがいいかもしれません。

そして、この期間に買ったチケットは、郵送ではなく、現地でピックアップ(受取)をする必要があります。

販売チケット種類

Individual Match Tickets 個々の試合指定チケット

個々の試合を特定したチケット(試合番号1~試合番号64を指定)。
全販売期間で販売されます。(セールス期間1・セールス期間2・ラストミニッツセール)

Venue Specific Ticket Series (VST) 会場別試合チケット

特定の決まった会場での試合を複数観戦可能なチケット
開幕戦を除いて、その会場で開催されるグループリーグとラウンド16、3位決定戦の試合が含まれています。
そして、準々決勝、準決勝、決勝のチケットも除かれますので、モスクワ(ルジニキ)などでは3試合ほど含まれてないチケットです。
基本的には、現地の人などが買うチケットのように思います。
販売期間1で発売され、ラストミニッツセール開始前の販売期間2でも発売されるようです。

Team Specific Ticket Series (TST) チーム特定チケット

特定の代表チームを応援する人向けのチケットで、複数種類があります。
TSTの次の数字が観戦する試合の数になります。グループリーグだけを観戦する人はTST3、決勝トーナメントの試合も観戦したい人はTST4~7を購入することになります。
  • TST3 グループリーグ3試合
  • TST4 グループリーグ3試合+ラウンド16
  • TST5 グループリーグ3試合+ラウンド16+準々決勝
  • TST6 グループリーグ3試合+ラウンド16+準々決勝+準決勝
  • TST7 グループリーグ3試合+ラウンド16+準々決勝+準決勝+決勝
選んだチームが途中で敗退した場合は、
  • グループリーグ敗退の場合は、1位通過のチームについていく
  • トーナメントでは、試合で勝利したチームについていく

ようになります。なので、もし途中で負けてしまっても買った数の試合を観戦できるチケットになります。

ただ、TSTは販売期間1のみでの販売ですので、現時点(2017年12月)では申し込むことができません。

Supporter Tickets (ST)  サポーターチケット

ワールドカップ出場国のサポーターが購入できるチケットで、グループリーグの試合(試合番号1~試合番号48)が対象です。

SAMURAI BLUE(日本代表)出場試合の出場国枠チケットもこのST(サポーターチケット)で購入可能です。※日本国籍保有者または日本に居住している方が対象となります。

TST(チーム特定チケット)と違って、1試合ずつの申込が可能となっていますので、この試合を観戦したいと決めて、観に行く方はこのチケットが対象になると思います。私もこのチケットの購入を考えています。

販売期間2の抽選販売期間(2017年12月5日~2018年1月31日)での購入(抽選申込)になります。

Conditional Supporter Tickets (CST) 条件付きサポーターチケット

ST(サポーターチケット)と同じくワールドカップ出場国のサポーターが購入できるチケットで、決勝トーナメント以降の試合が対象で、自分の応援する代表チームが勝ち進んだら有効になるチケットという条件があります。

代表チームがグループリーグを突破できず敗退してしまった場合は、CST(条件つきサポータチケット)は、FIFAによる取扱手数料(1名あたりUSD 10)と銀行等の振込手数料等を差し引いて大会後にFIFAから払戻しされます。

このCSTも販売期間2の抽選販売期間(2017年12月5日~2018年1月31日)での購入(抽選申込)になります。

チケットの価格

グループステージは開幕戦を除いて同じ料金です。

そして、セカンドステージ(決勝トーナメント)以降のチケットは、FIFAの手数料が10%含まれているそうで、少し高くなっています。

試合 カテゴリー1 カテゴリー2 カテゴリー3 スペシャルアクセス
開幕戦 USD 550 USD 390 USD 220 USD 220
グループステージ USD 210 USD 165 USD 105 USD 105
ラウンド16 USD 270 USD 204 USD 127 USD 127
準々決勝 USD 402 USD 281 USD 193 USD 193
準決勝 USD 825 USD 528 USD 314 USD 314
3/4位決定戦 USD 402 USD 281 USD 193 USD 193
決勝 USD 1210 USD 781 USD 501 USD 501

※スペシャルアクセスチケット(Special Access Tickets)は、車椅子利用者、障がい者などの方を対象にしています(詳細はFIFAの公式参照ください)

※チケットのカテゴリーは以下参照(モスクワのルジニキスタジアムの例)

※各スタジアムの情報は、日本代表戦のスタジアムなどから順番にまとめていきたいと思います。

※チケット購入方法(買い方)なども別の記事でまとめたいと思います。

2018FIFAワールドカップ ロシア観戦情報(まとめ)ページへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)