シェアする

2017 Jリーグアウォーズ♪~ルヴァン優勝してよかった!~セレッソ関連の動画もまとめてみた♪

シェアする

2017年12月5日に横浜アリーナでJリーグの年間表彰式「Jリーグアウォーズ」が開催されましたね。

受賞したチーム・監督・選手の詳細は、Jリーグ公式ページにまとまっています。

2017Jリーグアウォーズの受賞者発表です。Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)試合速報、日程、結果、順位表、フォト、ニュースなどの最新情報をご覧ください。

ここでは、セレッソ関連の受賞情報・個人的にいいなと思った内容・感想に加えて、Jリーグ公式やDAZNの動画で、セレッソ関連のものをまとめてみました。

(あとで繰り返して見るかもしれないのでー

▼2017 Jリーグアウォーズ まとめ(セレッソ関連)

  1. 今年のアウォーズのまとめ
    1. セレッソの受賞関係のまとめ
    2. 高円宮妃久子様のスピーチ
    3. 個人的な感想
  2. 会場入り~レッドカーペット~
  3. ルヴァンカップ優勝チーム表彰
  4. 優秀監督・フェアプレー賞
  5. ベストイレブン
  6. 番外編(会場入り前)
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

今年のアウォーズのまとめ

セレッソの受賞関係のまとめ

今年は何よりも、ルヴァンカップ優勝!それがよかったです。

そして、チーム・選手・監督として以下の賞を受賞しました。おめでとう!!

◆2017JリーグYBCルヴァンカップ優勝
セレッソ大阪

◆フェアプレー賞(J1)
セレッソ大阪(初受賞)

◆フェアプレー賞(J3)
セレッソ大阪U-23(初受賞)

◆フェアプレー個人賞
柿谷曜一朗選手(2回目/2013年、2017年)

◆J1優秀監督賞
尹晶煥監督(初受賞)

◆ベストイレブン
MF:山口蛍選手(2回目/2013年、2017年)
FW:杉本健勇選手(初受賞)

◆優秀選手賞
DF:マテイ ヨニッチ選手
MF:ソウザ選手
MF:山口蛍選手
FW:杉本健勇選手

高円宮妃久子様のスピーチ(フェアプレー賞)

日本サッカー協会の名誉総裁でもる高円宮妃久子様が、フェアプレー賞の発表の前にスピーチをされました。

そのスピーチがとても素晴らしいと思いましたので、こちらでご紹介したいと思います。(動画でご紹介できたらよかったのですが、文章でご紹介します。)

<久子様のスピーチ(全文)>

皆様こんばんは。

優勝された川崎フロンターレ、セレッソ大阪、いま飛行機の中にいる浦和レッズの皆様、そしてサポーターの皆様に心よりお祝い申し上げます。

Jリーグはたくさんのクラブから成り立っておりますが、ヨーロッパクラブといえば趣味やスポーツを通しての交流の部分をとても大切にしております。

日本の方が、どちらかといえばスポーツの方に重きを置いていると思いますが、その交流の部分を大事にすることによりサポーターの数を増やすこともできますし、ピッチ上では熱い応援、そして通常は優しい温かい雰囲気の中で、クラブを皆様が愛してくださるのが、大事なのではないかと思います。

ヘイトスピーチの話題が最近多く聞かれます。ピッチ上のフェアプレーが大事ですが、サポーターの皆様のフェアプレーも大事ですヘイトスピーチは百害あって一利なし。フェアプレーでないと思います。

  <会場から大きな拍手>

多くの子供たちが選手を自分たちの憧れの姿として見ているのと同時に、サポーターの皆様にも、子どもたちが模範にできるような態度を見せることが日本では当たり前、という文化を作っていただければと思います。

これはサポーターの方たちのみというふうに聞こえるかもしれませんが、一人ひとりが心に思っているということが、ふとしたところで表に出てしまいますので、日頃からヘイトというのはない状態に私どもでしてまいりましょう。

フェアプレー、子どもたちにとても大事ですので、選手の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。監督たちもどうぞよろしくお願いいたします。

いかがでしょうか

個人的にものすごく共感できますし、本当にそうだと思います。

自分の応援するクラブの選手を鼓舞するように応援する・楽しむことは、とても素晴らしいことだと思っています。

それ対して、ヘイトスピーチが許されないものというのと同じように、対戦相手のクラブや敵対するクラブの選手やサポーターを攻撃的な表現で挑発したり・蔑むような発言をすることは、見ていて決して気持ちのいいものではありませんし、するべきではないと思います。

今シーズンのダービーではお隣のクラブのサポーターが問題を起こしましたが、うちのサポーターで同じことは絶対起きないとは言い切れないなかで、久子様がお話くださった言葉を胸に刻んで、日々の応援の中で意識していけたらいいなと思います。

個人的な感想

天皇杯はまだ準決勝・決勝と残していますが、Jリーグ関連は入れ替え戦も含めてシーズンが終わりましたので、その締めくくりとしての表彰式(アウォーズ)で一区切りという感じがします。

これが終わると、次のシーズンに向けたアナウンスもぼちぼち出てくるタイミングですし、セレッソ大阪でも、来シーズン契約更新しない選手も出てきています。

カップ戦の優勝(ルヴァンカップの優勝)を飾ったことで、クラブの選手全員が表彰されることになり、全員が会場入りして、ステージに立てたのは本当に嬉しいことだと思います。

次のステップに進む選手にとっても、よいアウォーズとなったのではないでしょうか。

やっぱり優勝っていいですね

ということで、今シーズンの締めくくりとして狙っている天皇杯をあと2つ勝って、ピンクに染めて欲しいなと思います。

そして、来シーズンも★(星)を増やして、常勝軍団の仲間入りする一歩が踏み出せるといいなと思います。

会場入り~レッドカーペット~

ここからは、Jリーグの公式ツイッター・DAZNの公式ツイッターなどで公開されていた動画をまとめてみました。

Jリーグアウォーズの曜一朗の会場入りの動画

レッドカーペットを歩く選手を呼び止めてインタビュー(キヨ・健勇)

レッドカーペットを歩く選手を呼び止めてインタビュー(宏太・曜一朗・蛍)

レッドカーペットを歩く選手を呼び止めてインタビュー(まるちゃん)

レッドカーペットを歩く選手を呼び止めてインタビュー(モニさん)

セレッソ応援リポーター 池田愛恵里さん

JリーグのオフィシャルメディアのMCとして選手にインタビューされていたようです。

ルヴァンカップ優勝チーム表彰

ルヴァンカップ優勝クラブ表彰!

ルヴァンカップを優勝したことで、セレッソ大阪の選手(U23も含めて)全員がステージに登壇して表彰されました~

これ、出場選手限定というのではなく、全員というのがポイントです(考えたら当たり前なんですけどね)。

今年のクラブでトップチームで戦ったメンバー(レンタル移籍中メンバー除く)が全員表彰されたのですから、本当によかったと思います。このチームを離れるメンバーもいるので、ある意味では感慨深いです。

曜一朗インタビュー

尹さんインタビュー

ルヴァンカップ優勝クラブ表彰!での曜一朗 インタビュー

平畠さんとの絡みで、シャケさんユニの件は若干スベリ気味でしたが「木本選手にインタビューを振る」キャプテンの気配りがよかったです。

ルヴァンカップ優勝クラブ表彰!での木本選手インタビュー

曜一朗からのフリで、平畠さんがインタビュー。ゆるい感じのほわんとしした喜びの表情が微笑ましいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)