シェアする

2017 J3リーグ 第9節 ガイナーレ鳥取 vs セレッソ大阪U23 (AWAY)

シェアする

こんにちは。そらです。

ここ2試合を1勝1分で勝ち点を重ねることができているセレッソ大阪U23、第9節はアウェイに乗り込んでガイナーレ鳥取との一戦です

結果は、3-1で快勝しました。トップチームも今節は勝利していますし、チーム全体としてもいい流れではないでしょうか

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

ガイナーレ鳥取戦のスタメン♪

メンバー

ガイナーレ鳥取 セレッソ大阪U23
スターティングメンバー
GK 33 杉本 拓也 GK 45 茂木 秀
DF 6 石神 幸征 DF 28 温井 駿斗
4 秋山 貴嗣 33 椋原 健太
2 稲森 克尚 37 森下 怜哉
15 石井 光輝 78′ 39 庄司 朋乃也
MF 18 沼 大希 MF 30 大山 武蔵 90′
16 池ヶ谷 颯斗 35 沖野 将基
7 廣田 隆治 36 斧澤 隼輝
17 加藤 潤也 38 西本 雅崇
FW 48 前田 俊介 74′ FW 25 山内 寛史 43′
9 黒津 勝 76′ 40 岸本 武流 88′
控えメンバー
GK 21 井上 亮太 GK 44 林 祥太郎
DF 28 山道 淳司 78′ DF 42 瀬古 歩夢 90′
MF 13 林 誠道 49 齋藤 遼
23 井上 黎生人 MF 34 阪本 将基 88′
26 磯江 太勢 FW 31 山根 永遠 43′
29 山本 蓮 74′
FW 20 岩元 颯オリビエ 76′
監督
森岡 隆三 大熊 裕司

今回のオーバーエイジは、椋原選手の1名のみですね

残りのメンバーは23歳以下のメンバーで構成されています。
2種登録瀬古選手齋藤選手の2名がベンチ入りしています

オーバーエイジがいないため、ゴールキーパーには茂木選手、前線には岸本選手山内選手が入っています。

試合展開

ゲームは、まずは鳥取ペースで始まりますが、少しずつセレッソ大阪U23がディフェンスからの素早いカウンターなどの攻撃でチャンスを作っていきます。

13分には自陣から、大山選手が相手陣までドリブル突破沖野選手にスルーパス。沖野選手の右足のシュートはキーパーがセーブして弾きますが、こぼれ球を拾ったセレッソ大阪U23波状攻撃を仕掛けます

ゲームキャプテンで攻守に奮闘の西本選手。突破力が光っていた大山選手

そのこぼれ球を沖野選手がつなぎ、椋原選手右サイドからクロスを中に入れると、ファーサイドに流れていた山内選手が右足でボレーシュート。これがゴールに吸い込まれて、セレッソ大阪U23が先制します

Jリーグ初ゴールの山内選手

山内選手は怪我で出遅れていましたが、プロ入り後のリーグ戦での初ゴールです

おめでとうございますっ

キャプテンの西本選手が山内選手を祝福

そして、その後もセレッソ大阪U23のペースは続きます。

左サイドを温井選手ドリブル突破すると、ディフェンス2人を抜いてペナルティーエリア内に切れ込み、左足で強烈なシュート惜しくもこれはゴール右に外れますが、積極的な攻撃を見せます

続いて、大山選手スルーパス岸本選手が抜け出して、ペナルティーエリア左からシュートこれも枠を捉えられませんが、追加点の匂いがしてきます

そして、29分には、ディフェンスラインからのロングパスを裏に抜け出して受けた岸本選手が、ペナルティエリア右から中をよく見てグラウンダーで速いクロス。これを山内選手がディフェンスとキーパーの前で触ってゴールに流し込みセレッソ大阪U232点目をあげます

相手にクロスバー直撃のシュートを打たれる場面もありましたが、このままセレッソ大阪U23ペースで前半終了。

前半終了間際には、2ゴールを挙げた山内選手に交代して山根選手がピッチに入ります。

山内選手は残念ながら足の指を骨折してたようです・・・。

→「山内寛史選手の負傷について(オフィシャルHPより)」
ようやく復帰できて大活躍だったのに残念ですが、焦らず治して戻ってきてください

後半に入り、次にどちらが点を取るかが試合のポイントかと思っていましたが、残念ながらガイナーレ鳥取に先手を取られてしまいます。50分、ゴール前からシュートを決められて、1点差に詰め寄られてしまいます

ここで、いつもならズルズルとディフェンスラインも下がり、間延びして失点を重ねて同点に追いつかれたり、逆転されたりという展開になってしまいがちなのですが、今回のU23チームは違いました。

56分には、GKの茂木選手からのロングキックを岸本選手が競り勝ち、ヘディングでディフェンスラインの裏にパスを送ります。そのボールを山根選手が抜け出して、飛び出してきたGKを越えるシュートを放ち、セレッソ大阪U233点目をあげ、再び2点差に突き放します

山根選手もプロ入り初ゴール

山根選手もプロ入り後のJ3リーグの初ゴールですおめでとう

その後も、しっかり守ってカウンターという展開で、何度か決定的なチャンスを作り出しますが、追加点を奪えず、2点リードのまま試合終了

セレッソ大阪U23がアウェイで上位チームから3-1で勝利をあげました

感想と今後について

いやー勝ててよかった

これが、ホントに素直な感想です(笑)

これまでならズルズルとさがって敗戦やドローというのがパターンだったので(苦笑)、結果が伴ったことはよかったです

U23チームは育成優先ですが、その育成が上手く進んでいるのかも微妙な中で、プロとして勝つこと・魅せることも必要な要素かと思うので、今節の試合は追加点も取れたのでヨシとしたいと思います

ホームでの観客数がもっと増えて、もっと多くの観客の中でプレーできるといいのになーと思います。これからもがんばれ!セレッソ大阪U23

※アウェイのJ3の大阪ダービー、なんでトップチームの試合日と重ねるんやろ・・・。5月28日は応援いけないけど、絶対勝ってくれー

試合詳細はコチラ↓

2017明治安田生命J3リーグ 第9節 鳥取vsセレッソU-23 (まいどセレッソ)

J3 第9節 鳥取戦|試合後の大熊裕司監督(セレッソU-23)記者会見コメント

 

明治安田生命J3リーグ明治安田生命J3リーグ

更新日:2017年5月21日(日) 15:42

順位

クラブ名

勝点

試合数

得点

失点

得失点

直近5試合

1 ブラウブリッツ秋田 20 8 6 2 0 19 4 15
2 栃木SC 19 9 5 4 0 10 5 5
3 カターレ富山 18 9 5 3 1 11 5 6
4 AC長野パルセイロ 15 9 4 3 2 8 3 5
5 アスルクラロ沼津 14 8 4 2 2 19 9 10
6 福島ユナイテッドFC 13 9 4 1 4 8 9 -1
7 鹿児島ユナイテッドFC 12 8 4 0 4 11 8 3
8 ギラヴァンツ北九州 11 8 3 2 3 8 8 0
9 ガイナーレ鳥取 11 8 3 2 3 10 12 -2
10 グルージャ盛岡 11 9 2 5 2 8 10 -2
11 SC相模原 10 8 2 4 2 7 7 0
12 FC琉球 10 9 2 4 3 11 12 -1
13 セレッソ大阪U-23 9 9 2 3 4 10 12 -2
14 FC東京U-23 8 9 2 2 5 4 10 -6
15 藤枝MYFC 8 8 2 2 4 8 17 -9
16 Y.S.C.C.横浜 4 8 1 1 6 7 15 -8
17 ガンバ大阪U-23 3 8 1 0 7 2 15 -13

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)