シェアする

2017 J3リーグ 第6節 セレッソ大阪U23 vs 栃木SC

シェアする

こんにちは。そらです。

なかなか勝てないセレッソ大阪U23ですが、今節はホームのヤンマースタジアム長居に、栃木SCを迎えました

今季のリーグ初勝利を目指しますが、セットプレーから失点して敗戦。観客も951人というさびしい結果となりました

とはいえ、収穫もあった(と思いたい)ので、メンバーから見て行きましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

セレッソ大阪U23 栃木SC
スターティングメンバー
GK 1 圍 謙太朗 GK 15 ジョニー レオーニ
DF 28 温井 駿斗 DF 4 広瀬 健太
33 椋原 健太 5 尾本 敬
37 森下 怜哉 17 福岡 将太
42 瀬古 歩夢 MF 38 宮崎 泰右
MF 20 酒本 憲幸 2 西澤 代志也
30 大山 武蔵 84′ 16 仙石 廉 86′
36 斧澤 隼輝 26 夛田 凌輔
38 西本 雅崇 21 牛之濵 拓
FW 31 山根 永遠 78′ FW 19 服部 康平 61′
40 岸本 武流 8 廣瀬 浩二 59′
控えメンバー
GK 45 茂木 秀 GK 1 竹重 安希彦
DF 43 梅木 絢都 DF 7 菅 和範 86′
49 齋藤 遼 78′ MF 10 杉本 真
MF 35 沖野 将基 84′ 11 岡﨑 建哉
14 西谷 和希 59′
24 和田 達也
FW 9 竹中 公基 61′
監督
大熊 裕司 横山 雄次

栃木SC戦のスタメン

今回のオーバーエイジは、GKの圍選手、DFの椋原選手、MFの酒本選手の3人です。そして、U-18から瀬古選手がスタメン入りしています。

フォーメーションは4-4-2で、前線から見てみると、山根選手岸本選手が2トップ。ボランチには、ゲームキャプテンの西本選手とサイド起用が多かった斧澤選手。両サイドは右に酒本選手、左は初スタメンの大山武蔵選手です。

ディフェンスは、左から温井選手、森下選手、瀬古選手、椋原選手と並びました。そしてキーパーは圍選手

試合展開

前半は、セレッソ大阪U23ペースで試合が進みました。

2トップに縦パスが入るとそこで起点をつくり、落としたボールをダイレクトや早目のパスでサイドに展開。

ボランチや両サイドハーフがボールに絡んでいくことで、ボールをしっかりと保持しながら、シュートに持ち込んでいきます

いいコンビになってきた、2トップの岸本選手と山根選手

山根選手岸本選手は背は高くないですが、あたり負けしなくなってきました。縦パスのボールを収めたり、自ら縦に突破していくなど、よいプレーを見せていて、セレッソの攻撃の起点となっていたと思います

右サイドでチャンスを作っていた酒本選手

オーバーエイジの酒本選手も、セットプレーのキッカーも務めるなど、攻撃面で積極的に絡んでいきます

特に前半の9分には、決定的なシュートを枠に飛ばしますが、残念ながら相手キーパーのセーブにあってしまいました

セットプレーのキッカーもシャケさん

そして、この試合が初スタメンとなった大山武蔵選手ですが、左サイドで効果的な動きを見せていました。右足でのクロス、スピードもあるので縦への突破や、中に切れ込んでいってのミドルシュートなど、積極的なプレーチャンスを何度も作っていました

初スタメンの大山選手

ボランチでは、ルヴァンカップではトップチームでベンチ入りを果たしているマー坊こと西本選手と、サイドで攻撃を担うことが多かった斧澤選手が、バランスを意識しながら、サイドチェンジや縦パスを繰り出していきます。

ゲームキャプテンのマー坊。西本選手

ボランチで奮闘の斧澤選手

数多くのチャンスを作りますが、決めきれずにスコアレスのまま前半終了。

ゴール前をかためる温井選手、森下選手、斧澤選手

そして、後半に入ると、相手がフォーメーションを変更してきます。4-4-2でセレッソとマッチアップする形になると、攻め込まれる場面が増えてきます。

相手のセットプレーでの守備。瀬古選手、森下選手、大山選手

そのまま一進一退の展開が続き、なかなかセレッソ大阪U23がチャンスを作り出せずにいると、自陣の左サイドで与えたフリーキックから、73分についに失点をしてしまします。

頼もしくなってきた岸本選手。ゴールの匂いを感じさせます

岸本選手と山根選手

そろそろゴールがみたい山根選手

この1点が重くのしかかると、反撃も及ばす、そのままタイムアップ。開幕から6戦未勝利が続いてしまいました

勝てる試合をドローにしたり、負けた試合も好機を逸し続けて最終的に負けたりを繰り返しています。

選手個人はがんばっているように思いますし、成長を見せてきていると思いますが、チームとしては勝てていません。それは何を物語るのか、チームとしてどう考えるのかを考えて欲しいと思いました

感想と今後について

U23勝利よりも育成が主目的とは思いますが、でも勝つことも大事かと思います。

勝つことで自信にもつながりますし、結果が伴うことで迷うことなく更に成長していけると思うのです。

そして、トップチーム昇格して活躍する・セレッソ大阪支えるプレーヤーになってくれれば文句なしかと思います。

結果が全てではないですが、ずっと勝ててないので、このままではアカンと思います。

せっかくのゴールデンウィーク初日でホームでの試合だったのにも関わらず、観客が1000人切りました。この状態をどう受け止めるのか。

次こそは勝利を期待したいと思います

試合詳細はコチラ↓

J3 第6節 栃木SC 試合結果 オフィシャルページ

J3 第6節 栃木SC戦|試合後の大熊裕司監督(セレッソU-23)記者会見コメント

J3 第6節 栃木SC戦|試合後のセレッソ選手コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)