シェアする

2017 J3リーグ 第13節 AC長野パルセイロ vs セレッソ大阪U23(AWAY)

シェアする

こんにちは。そら(@Football_sora)です。

ここ2試合連敗中のセレッソ大阪U23(勝ち点10)、今節はアウェイでJ3リーグで上位(5位)につけるAC長野パルセイロとの一戦です。

セレッソ大阪U23の今季の2勝はいずれもアウェイでの勝利なので、連敗脱出して勝利を挙げて欲しい一戦でした。

結果は、先制されるも直ぐに追いついて、敵地(アウェイ)でドロー勝ち点1を積み上げました

AC長野パルセイロ 前半 0 セレッソ大阪U23
後半 1
56′ 有永 一生 得点 57′ 岸本 武流

今回は現地観戦はできませんでしたので、DAZNで観戦しましたー

スタジアム 長野Uスタジアム 主審 上原 直人
入場者数 4,169人 副審 宇田 賢史、大峽 諭
天候 / 気温 / 湿度 曇 / 21.8℃ / 65% 第4の審判員 福田 紀幸
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)


メンバー

今節もスタメンはオーバーエイジなしの以下のメンバーです

長野戦のスタメン

メンバー

AC長野パルセイロ セレッソ大阪U23
スターティングメンバー
GK 16 阿部 伸行 GK 32 アン ジュンス 26′
DF 35 天野 貴史 DF 28 温井 駿斗
3 大島 嵩弘 30 大山 武蔵
5 寺岡 真弘 46*’ 37 森下 怜哉
26 遠藤 元一 42 瀬古 歩夢
MF 17 明神 智和 MF 34 阪本 将基
24 新井 純平 36 斧澤 隼輝
25 有永 一生 38 西本 雅崇
14 東 浩史 43 喜田 陽
FW 7 佐藤 悠希 79′ FW 31 山根 永遠 77′
18 荒田 智之 62′ 40 岸本 武流
控えメンバー
GK 21 武田 大 GK 45 茂木 秀 26′
DF 4 内野 貴志 46*’ DF 49 梅木 絢都
MF 6 岩沼 俊介 MF 35 沖野 将基 77′
8 菅野 哲也 79′ 47 有水 亮
FW 13 勝又 慶典
28 小林 秀征
9 塩沢 勝吾 62′
監督
浅野 哲也 大熊 裕司

今回のGKはU20韓国代表のアン・ジュンス選手が久々のスタメンです。

そして右サイドバックに大山選手が入っているのと、阪本選手が右サイドハーフでスタメンに入っています。

2トップは岸本選手山根選手で楽しみな組み合わせです

U-18からは瀬古選手喜田選手がスタメン入りしています。

試合展開

前半はセレッソ大阪U23のペースで試合が進みます。

相手のパスをカットしてカウンター攻撃につなげる展開に。サイドからのクロスを入れて、長野ゴールに迫る場面を何度か作ります。

17分には斧澤選手からのパスを山根選手が相手DFを交わして左足で強烈なシュートこれは相手GKに防がれてゴールできません。

しかし、22分にセレッソ大阪U23にアクシデントが発生。

相手右サイド(セレッソの左サイド)からのクロスを相手FWに決定的なヘディングシュートを放たれますが、GKアン・ジュンス選手ビッグセーブピンチを防ぎます

ただ、このプレーで足を負傷してしまったアン・ジュンス選手は一時的にプレーを再開したものの、26分には茂木選手交代となってしまいます

セレッソ大阪U23は37分には右サイドの阪本選手のクロスから、斧澤選手が走り込み合わせますが、惜しくもゴール左に外れます

右サイドバックで出場。大山選手

そして、前半はスコアレスで終了します。

後半に入ると、逆にAC長野パルセイロに攻め込まれる場面が増えます。

森下選手と瀬古選手の両センターバック

56分には相手の攻撃からこぼれ球を押しこまれて、長野に先制を許します

しかし、その直後の57分には、左サイドに展開し、温井選手速いクロスをゴール前のニアでDFと競り合いながらも、岸本選手ヘディングでゴールにねじ込み、直ぐにセレッソ大阪U23が同点に追い付きます

岸本選手は今季5ゴール目(すごい!)

この日もゴール!頼もしい岸本選手

その後は、試合はオープンな展開になり、相互に攻め合いながらチャンスを作っていきます。

セレッソ大阪U23は前半途中交代で入ったGK茂木選手ファインセーブをみせるなど、守備陣も踏ん張り相手にゴールを割らせません。

セレッソ大阪U23も時折反撃を見せますが、相手ゴールを割ることはできず、試合はそのまま1-1のドローで終了

連敗はストップできましたが、今季3勝目勝利は今節も果たせませんでした

感想と今後について

上位チーム相手に先制されて、かつアウェイでの一戦というなかで、直ぐに得点を取り返して追いついてドローに持ち込めたのは、よい結果と言えるのではないでしょうか

攻撃面でも、前半はテンポよくパスをつないで攻撃できていた部分もあり、自分たちのペースでゲームできている時間もあったので、少しはよくなってきている印象もありました。

アウェイでは、相手サポーターがたくさんいる大勢の観客の中で試合できていますが、ホーム(キンチョウ・ヤンマー)でもう少し観客がいる状態で、プレーさせて上げられたらいいなと思っています。

育成と結果の両方を伴うのは大変かもしれませんが、頑張ってほしいと思います。

試合詳細はコチラ↓

2017明治安田生命J3リーグ 第13節 AC長野パルセイロ(オフィシャル)

J3 第13節 長野戦|試合後の大熊裕司監督(セレッソU-23)記者会見コメント

更新日:2017年6月18日(日) 20:10

順位
クラブ名
勝点
試合数
得点
失点
得失点
1 ブラウブリッツ秋田 30 12 9 3 0 23 5 18
2 カターレ富山 25 13 7 4 2 15 7 8
3 栃木SC栃木SC 25 13 7 4 2 14 9 5
4 アスルクラロ沼津 23 12 7 2 3 28 12 16
5 AC長野パルセイロ 20 12 5 5 2 11 5 6
6 ギラヴァンツ北九州 20 12 6 2 4 14 10 4
7 鹿児島ユナイテッドFC 18 12 6 0 6 16 13 3
8 FC琉球 17 12 4 5 3 16 15 1
9 SC相模原 17 12 4 5 3 9 9 0
10 福島ユナイテッドFC 16 13 5 1 7 12 17 -5
11 FC東京U-23 14 12 4 2 6 6 11 -5
12 ガイナーレ鳥取 12 12 3 3 6 13 18 -5
13 藤枝MYFC 12 12 3 3 6 12 22 -10
14 グルージャ盛岡 11 12 2 5 5 9 14 -5
15 セレッソ大阪U-23 11 13 2 5 6 13 19 -6
16 Y.S.C.C.横浜 8 12 2 2 8 9 20 -11
17 ガンバ大阪U-23 7 12 2 1 9 4 18 -14

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)