シェアする

2017JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 セレッソ大阪 vs 浦和レッズ

シェアする

こんにちは。そら@Football_soraです。

ルヴァンカップ準々決勝 第1戦セレッソ大阪はホーム・ヤンマースタジアム長居に、浦和レッズを迎えての対戦です。

ホーム&アウェイで1戦ずつ戦い、2試合合計の成績で上回ったチームが勝ち上がりのため、第2戦をアウェイ埼玉で9月3日(日)に戦う上では、ホームでの失点は避けながら、できれば勝利で終わりたいところです。

結果は、0-0のスコアレスドロー。

アウェイでの第2戦に向けて、まずまずの初戦となりました。

セレッソ大阪 0 前半 0 0 浦和レッズ
0 後半 0
得点

今回の対戦でアウェイゴールを浦和に与えなかったことで、第2戦では

・セレッソが勝利  もしくは

・引分け(0-0以外、1点以上得点する)

という結果で、セレッソが準決勝に進むことができます。

スタジアム ヤンマースタジアム長居
入場者数 7,784人
天候/気温/湿度 曇 / 27.8℃ / 47%
主審 福島 孝一郎
副審 八木 あかね、川崎 秋仁
第4の審判員 穴井 千雅
追加副審 池内 明彦、三上 正一郎

平日夜の開催だったため、観客は7784人でした。これならヤンマーではなく、キンチョウで開催した方がよかった気がしますね。

スタジアムのキャパシティから比べて、スカスカの観客席は少し寂しい感じがしますし、応援の声もバラけるので、やはりサッカー専用スタジアムで開催して欲しいなと思います。選手との距離が近いですし、より一体感が感じられるので、準決勝に進んだ場合のホームはキンチョウでお願いします!w

選手入場ではロビーが先頭に入場して始まります。

この日は斧澤選手がスタメンに入りました。

整列後に両チーム選手が握手

浦和の26番の伊藤選手はセレッソ大阪U-15出身の選手です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

浦和戦のスタメンは以下のメンバーです。関口選手と福満選手はお子さん抱いてますね。

ルヴァンカップは、U-21以下の選手をメンバーに含む必要がありますので、セレッソは斧澤選手、レッズは伊藤選手がスタメン入りしています。

メンバー

また、セレッソは、リーグ戦のメンバーからは大幅に選手を入れ替え、カップ戦での出場が中心のメンバーです。山口選手・杉本選手・キムジンヒョン選手は、ワールドカップの最終予選の代表に召集されているので、メンバー外になっています。

キャプテンは秋山選手。

試合前の円陣。酒本選手(シャケさん)の後ろ姿がいいです。なんせスタメンですし。

この日のトップ下は福満選手

1トップにはリカルドサントス選手が入ります。

両センターバックは茂庭選手と藤本選手。

試合展開

序盤は浦和のペースで始まります。

徐々にお互いチャンスを作るものの決定的なシーンは作れずにいますが、20分前後から試合が動きだします。

相手フリーキックでの守備

21分には相手の展開からループシュートを狙われますが、かろうじてGKの丹野選手がコーナーキックに逃れます。

コーナーキックの守備の場面

すると26分にはセレッソが反撃。

中盤でボールを奪った木本選手がドリブルで持ち上がり、福満選手へスルーパス。これを上手く抜け出した福満選手がシュートを狙いますが、クロスバーの上にはずしてしまいます。

積極的な攻撃でチャンスを作っていた福満選手

相手DFが嫌がるパワフルなプレーが持ち味のリカルド サントス選手。

前半終了間際にも、リカルド サントス選手や福満選手がチャンスを作りますが、スコアレスで前半を折り返します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)