シェアする

2017 J1リーグ 第34節 アルビレックス新潟 vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

いよいよ、今シーズンJ1リーグの最終節(第34節)、この試合の結果に関係なく3位が確定しているセレッソ大阪は、アウェイ新潟に乗り込んで、来シーズンJ2降格が決まっているアルビレックス新潟との対戦です。

アルビレックス新潟とは、今シーズンこれまで3回対戦して、セレッソが全て勝利しています。まず、ルヴァンカップのグループリーグでは1-0で勝利!

2017JリーグYBCルヴァンカップ 第5節 セレッソ大阪 vs アルビレックス新潟
こんにちは。そらです。 5月10日(水)の平日開催のルヴァンカップ第5節。ルヴァンカップのリーグ戦2位で迎えたホームでのアルビレックス...

リーグ戦のホームキンチョウでの試合は4-0で快勝!

2017 J1リーグ 第14節 セレッソ大阪 vs アルビレックス新潟
こんにちは。そら(@Football_sora)です。 リーグ戦暫定で3位につけるセレッソ大阪、代表戦の中断期間前の今節はホームに17...

天皇杯3回戦では延長戦にもつれ込みながらも3-2で逆転勝利!

2017天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦 アルビレックス新潟 vs セレッソ大阪
こんにちは。そら(@Football_sora)です。 天皇杯3回戦、セレッソ大阪はアウェイでアルビレックス新潟との一戦となりました。...

今シーズンの締めくくりの試合(最終戦)で、今季相性のいい新潟との対戦ですので、きっちり勝利して4勝を挙げたいところでした。

結果は、新潟のハイプレスの前に攻め込まれる展開が続き、前半は防戦一方。後半は徐々に攻撃を繰り出しますが、ミスが多くなかなかリズムに乗れないでいると、このミスから新潟に得点を許し、0-1で残念ながら敗戦となりました。

アルビレックス
新潟
1 前半 0 セレッソ大阪
後半
77’ホニ 得点

この日の朝の時点では積雪がありましたが、雪かきで除雪して試合開催になりました。あいにくの天候・降格が決定しているチームの試合ですが、20000人弱の観客が入りました。

スタジアム デンカビッグスワンスタジアム
入場者数 19,684人
天候/気温/湿度 晴 / 6.7℃ / 60%
主審 荒木 友輔
副審 金井 清一、西村 幹也
第4の審判員 藤田 和也

セレッソ大阪サポーターもたくさん駆けつけたみたいです。

私は、DAZNで声援を送りました

(写真はセレッソ公式より)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

この日のメンバーは、蛍が離脱中なので、前節のヴィッセル戦と同じメンバー。ボランチに山村選手が入ります。

セレッソとしては、順位3位は決まっているので、健勇が得点王を獲れるかが注目でした。

メンバー

アルビレックス新潟 セレッソ大阪
スターティングメンバー
GK 1 大谷 幸輝 GK 21 キム ジンヒョン
DF 8 小泉 慶 DF 2 松田 陸 82′
50 富澤 清太郎 14 丸橋 祐介
4 ソン ジュフン 15 木本 恭生
27 堀米 悠斗 22 マテイ ヨニッチ
MF 6 磯村 亮太 MF 6 ソウザ 90+2′
13 加藤 大 16 水沼 宏太 90′
7 ホニ 24 山村 和也
40 小川 佳純 61′ 46 清武 弘嗣
9 山崎 亮平 88′ FW 8 柿谷 曜一朗
FW 32 河田 篤秀 76′ 9 杉本 健勇
控えメンバー
GK 21 守田 達弥 GK 27 丹野 研太
DF 19 矢野 貴章 76′ DF 23 山下 達也
2 大野 和成 4 藤本 康太
MF 15 本間 勲 88′ 5 田中 裕介 90′
23 酒井 宣福 61′ MF 20 酒本 憲幸
30 ロメロ フランク 26 秋山 大地 82′
FW 39 富山 貴光 FW 19 澤上 竜二 90+2′
監督
呂比須 ワグナー 尹 晶煥

ベンチには、今シーズンのリーグ戦では初ベンチ入りのシャケさん(酒本選手)が入っています。

攻撃的な選手が澤上選手だけというベンチメンバーですが、シャケさんに出場機会があるといいなと思ってみていました。

なお、新潟のFW河田選手はセレッソ大阪U15出身で健勇と同期。同期対決に闘志を燃やしていたそうです。

試合展開

試合は、健勇と同期のFW河田選手を中心とした新潟のハイプレスの前に、なかなかペースを握れず、新潟ペースで試合は進みます。

新潟の右サイドに位置するホニ選手の個人技とスピードを活かした攻撃の前に、マル(丸橋選手)が対応に追われる場面が多かったです。

相手の攻撃を跳ね返すヨニッチ。

そして前半6分に、右サイドからのヨニッチのクロスがゴール前でフリーとなっていた健勇に渡るビッグチャンス。これを胸トラップでおさめた健勇がGKと1対1になりますが、左足で放ったシュートはキレイにヒットせず、チャンスを物にできません。

この日が誕生日でボランチで出場のやまむー(山村選手)

スピードやボール奪取力の面は蛍の方が強いですが、FWからDFまでこなせるユーティリティープレーヤーとして、やまむーは今シーズン活躍してましたね。

ボランチで縦横無尽に走り回るソウザ。この日はミドルシュートやキック・パスの精度が今ひとつのデキでした。

そして、26分には曜一朗が裏抜けして、GKと1対1の場面を作りますが、GKを交わしきれず、シュートまでは持ち込めません。

そして、前半はスコアレスで終了。セレッソ大阪は前半は立ち上がり早々の健勇のシュート1本に抑えこまれてしまいました。

そして、別の映像で見ている川崎戦では、小林悠選手が2得点していて、健勇と得点ランキングトップに並ばれてしまっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)