シェアする

2018 J1リーグ 第4節 ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

連戦続きの中、攻守が噛み合わずリーグ戦初黒星。新戦力のオスマル・安藤は今後が楽しみ

2月14日(水)に開催されたACL MD4のホームでのブリーラム戦をドローで終え、中3日で迎えたアウェイでのヴィッセル神戸戦。今季のリーグ戦初勝利を目指すセレッソ大阪は、ブリーラム戦からソウザに代わってオスマルが入った以外は、同じスターティングメンバーで挑みます。

代表戦の中断期間前に勝ち点3を挙げて起きたい一戦でしたが、開始早々のチャンスや前半早い時間帯のチャンスを決めきれずにいると、攻守が噛み合わず次第に神戸にボールを握られる展開となります。そして、ミスからのカウンターから失点を許すと、リズムに乗り切れないまま後半にも追加点を許し、2点差での敗戦。

ヴィッセル神戸 2 1 前半 0 0 セレッソ大阪
1 後半
34′ 藤田 直之
83′ ルーカス ポドルスキ
得点

この日スタメンのオスマルや、途中出場した安藤など、新戦力が今後に期待できる動きを見せた以外はあまり収穫のない試合となりました。

リーグ開幕から4試合で未だ勝利のないセレッソ大阪は、順位でも15位となり、中断期間明けの立て直しに期待ですね。

試合開始前のアップで選手を出迎える「We are Cerezo!」

スタジアム ノエビアスタジアム神戸
入場者数 20,108人
天候/気温/湿度 晴 / 17.8℃ / 51%
主審 飯田 淳平
副審 今岡 洋二、武田 光晴
第4の審判員 馬場 規

神阪ダービーと銘打った一戦で天気も悪くなく、肌寒くもない観戦日和でしたが、20,108人の観客でした。もう少し入るかと思っていたんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

ブリーラム戦からはソウザがベンチからも外れて、オスマルがスタメン。それ以外は同じスタメンです。

開幕3試合で2得点の曜一朗も、ケガの影響でベンチスタート。健勇とドンヒョンが2トップを組みました。

この日はアウェイのユニフォームなので、白ユニですね。

メンバー

ノエスタの大型ディスプレイの映像(スタメン)

大型ディスプレイの映像(ベンチメンバー・監督)

試合展開

試合開始前の円陣後のハイタッチ

前半

開始早々にセレッソに決定的なチャンス。

右サイドで宏太・陸とつなぎ、陸がペナルティエリア右のスペースにスルーパス。これを走りこんで受けた健勇が、ゴール前にグラウンダーで速いボールで折り返し、飛び込んだドンヒョンは一歩出遅れており、ボールに触ることができません。

スルーパスが出た時点で、ドンヒョンの動き出しができていればゴールに結びついたようなビッグチャンスでしたので、少し残念な滑り出しとなりました。

その後も4分に、宏太がセンターサークルでボールを奪い、相手GKの位置を見て超ロングシュート。

そして、11分には前からのプレスで、蛍が相手ボールを奪うと、健勇に縦パス。これを1トラップで振り向いた健勇が強烈なミドルシュートを放ちますが、これも枠を捉えることができません。

続く13分にも好機。ジンヒョンのキックからディフェンスラインの背後に走りこんだ宏太が、中へ速いクロス。ニアでトシ(高木選手)が合わせますが、シュートはミートせず得点には至りません。

前半開始早々のチャンスを逃したセレッソは、連戦の疲れからか、運動量も少なめで守備面でもなかなか嵌めることができず、攻守が噛み合わないシーンが増えてきます。

この日スタメンでのオスマル。

オスマルは、スピードは感じませんが、広い視野と的確なポジショニングで守備面の貢献だけではなく、攻撃面でも判断が早くボールを散らしたり繋ぐことができるボランチとして機能しそうな印象を受けました。

この日もキャプテンとして攻守に貢献していた蛍。オスマルとのコンビもまずまずでよかったと思います。

周囲への指示を出す蛍。キャプテンとしてチームを牽引して欲しいですね。

そして、34分。相手に先制を許してしまいます。

相手陣内でのトラップが大きくなり、ボールを奪われて右サイドのディフェンスラインの裏にボールを出されると、ペナルティーエリア横まで持ち込まれ、中にクロス。

このクロスはやまし(山下選手)がヘディングでクリアしますが、少しクリアが中途半端になり、相手選手の前にこぼれます。これをダイレクトで相手<MFが右足を振りぬくと、コースがよくゴール右隅に吸い込まれてしまい、神戸に先制を許します。

38分には、蛍からのクサビの速いパスが前線に入ると、健勇がスルーし、ドンヒョンが裏に走りこんでいた宏太にスルーパス。相手GKと1対1のチャンスかと思いましたが、残念ながらオフサイド。

42分には、中盤でのボールかっとから、右サイドの宏太にボールが出て、カウンターを仕掛けられるシーンが生まれますが、なぜか自重して遅攻を選択してしまいチャンスを作りきれません。

思うように攻撃もできず、守備面でもなかなかスイッチが入れられず、ボールを奪うことができずに、前半はこのまま終了。0-1とリードされたまま後半に入ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする