シェアする

2018 なでしこリーグ1部 第2節 セレッソ大阪堺レディース vs INAC神戸

シェアする



ホーム開幕戦は、昨季2位の強豪INAC神戸に1-5で大敗。得点チャンスも作れていたので次戦以降に期待

「プレナスなでしこリーグ」の1部昇格後の初戦(第1節)は、雪の残る中、昨季の女王「日テレ・ベレーザ」に逆転負けを喫したセレッソ大阪堺レディース。第2節はホームJ-GREEN堺に「INAC神戸レオネッサ」を迎えます。

開幕2戦で、昨季の1位・2位と上位との2連戦となり、自分たちのプレーがどこまで通用するのかを試すには格好の2戦でした。

第1節の悪天候とは打って変わって晴天に恵まれた第2節、試合の方は、開始10分で先制を許すとセットプレーからも失点し、2点のリードを奪われて後半に。後半も開始早々のセットプレーの流れから失点し3点差になってしまいます。

82分に途中交代の松原(志)選手のゴールで1点を返すと、84分に追加点を奪われますが、その後の玉櫻選手が惜しい決定機などを2度迎えたりチャンスも作り攻撃します。しかし、追加点は奪えず、終わってみれば1-5で敗戦。

セレッソ大阪
堺レディース
1 0 前半 2 5 INAC神戸
レオネッサ
1 後半 3
82′ 松原 志歩 得点
10′ 仲田 歩夢
24′ 増矢 理花
53′ 髙瀬 愛実
84′ 杉田 妃和
86′ 牛島 理子
 

昨季の上位2チーム相手に開幕2戦を、2連敗という結果に終わり、順位も10位(最下位)になりました。

でも、2試合とも無得点ではなく、得点を挙げていますし、得点チャンスも作っていましたので、大差に悲観的になる必要はない試合だったと思います。

主審 朝倉 みな子
副審 大塚 慎也、松﨑 涼
第4の審判員 兼松 春奈
入場者数 1,422人
天候

この日のJ-GREEN堺は好天に恵まれて、1,422人もの観客が入ったようです(J3のU23より多い!)

私はJ3のU23を観戦に行っていましたので、なでしこリーグの配信でリアルタイム+あとから配信での観戦となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

INAC神戸戦のスタメン(写真はすべて公式より)

前節のスタメンから、松原(志)選手が外れて善積選手が入りました。SBに善積選手が入り、北村選手が左SHに入る4-4-2のフォーメーションで臨みました。

■セレッソ大阪堺レディース
—————–
GK 21 山下 莉奈
DF 5 前川 美紀
DF 4 脇阪 麗奈
DF 18 筒井 梨香
DF 17 善積 わらい
MF 9 野島 咲良
MF 6 井上 陽菜
MF 10 林 穂之香 (Cap.)
MF 7 北村菜々美
FW 13 矢形 海優
FW 11 宝田 沙織
—————–
控え
GK 1 福永 絵梨香
DF 28 田畑 晴菜
MF 8 松原 志歩
MF 15 古澤 留衣
FW 16 田中 智子
FW 20 玉櫻 ことの
FW 22 百濃実結香
—————–
監督 竹花 友也
—————–

■INAC神戸レオネッサ
—————–
GK 1 武仲 麗依
DF 11 髙瀬 愛実
DF 5 三宅 史織
DF 2 守屋 都弥
DF 3 鮫島 彩
MF 7 中島 依美 (Cap.)
MF 6 伊藤 美紀
MF 8 杉田 妃和
MF 9 増矢 理花
FW 13 仲田 歩夢
FW 10 岩渕 真奈
—————–
控え
GK 31 福元 美穂
DF 15 羽座 妃粋
DF 19 牛島 理子
MF 23 チェ イェスル
MF イ ミナ
MF 14 京川 舞
FW 16 道上 彩花
—————–
監督 鈴木 俊
—————–

INAC神戸のメンバーには、なでしこジャパンのレギュラーも多数いるので、どこまで通用するかが楽しみではありました。

試合展開

試合は、第1節と同じように積極的な守備で相手からボールを奪いリズムを作ろうと試みますが、開始早々の10分に失点してしまいます。

左サイドにボールを展開されると、ゴール前にパスを通されると、相手FWに一人剥がされて(交わされて)左足でゴール右隅に決められてしまいます。

中盤での激しいボール争い。技術の高い相手に対し人数をかけて守備にいきます。

先制を許した後は、堺レディースもパスをつなぎ攻め込んで行こうとしますが、なかなか決定機を作るまでには行きません。

逆に強豪の相手は、パスワークでセレッソ大阪堺レディースの守備を交わして攻め込んできます。

なでしこジャパンの岩渕選手・中島選手の両方とマッチアップする脇阪選手。

そして、前半24分には、右サイドで与えたFKを中島選手の速いクロスをニアで合わされてしまい、2失点目。

前半は神戸リードで折り返します。

後半盛り返すために、まず1点を返すことを目指してチャレンジしにいきますが、53分にコーナーキックの流れから失点。3点のビハインドを背負うことになります。

56分には、松原(志)選手、続けて、玉櫻選手を投入したセレッソ大阪堺レディース。攻撃の選手の投入で改めて得点を奪いに行きます。

交代出場で決定機もあった玉櫻選手(惜しかった!)

試合も終盤に差掛かった84分。ついにセレッソ大阪堺レディースが得点を奪います。

相手のクリアボールを矢形選手が前につなぐと、玉櫻選手が相手DFの前でダイレクトでスペースへ流し込むと、スペースに走りこんでいた松原(志)選手が、冷静にゴールに流し込み、1-3と2点差に詰め寄ります。

ゴール後にハイタッチする田中選手と松原(志)選手。

その後、追加点を目指して攻め立て、玉櫻選手のシュートがクロスバーに当たるなどの決定機も作りますが得点は奪えず、逆に、相手のパスワークや個人技での突破から2失点を喫し、1-5と4点差をつけられての敗戦となりました。

感想など

試合終了後にサポーターに挨拶する選手たち

昨季2位の上位との対戦ですが、臆することなく挑戦していって1点は奪いました。その点は非常によかったと思います。

攻撃の技術も、組織での守備も含めて、全て相手が上だった中でも、通用するシーンは何度か作っていたと思います。

そして、DF陣やGKも含めて、ナイスプレー・ナイスセーブが結構あったので、もう少し点を取られてもおかしくなかった試合ではありますが、そういう面も含めて全く歯が立たないというわけではなく、「スピードに慣れて対戦を重ねれば、勝てる場面もそう遠くない時期に来るのでは(今年かどうかは別)」と思えるような試合だったと思います。

20歳以下のメンバーしかいないセレッソ大阪堺レディースが、堂々と渡り合ったという気がします。敗戦はしましたが、次が楽しみな試合でした。

生で観戦したいので、U23とレディースの同日・同会場開催など検討してもらえたら、本当にうれしいのですが…(2試合分のチケット代は払いますんで)

初勝ち点を早く上げたいですね。がんばれ!セレッソ大阪堺レディース!!

試合詳細はコチラ

2018プレナスなでしこリーグ1部 第2節 C大阪堺vsI神戸 ハイライト動画

2018プレナスなでしこリーグ1部 第2節 C大阪堺 vs I神戸(なでしこ公式)

なでしこリーグ 第2節 I神戸戦|レビュー:たくさんの声援を受けるも、ホーム開幕戦を勝利で飾れず(レディースブログ)

3月25日(日)2018プレナスなでしこリーグ1部 第2節 セレッソ大阪堺レディース 1-5 INAC神戸レオネッサ (…

なでしこリーグ 第2節 I神戸戦|試合後の竹花友也監督(セレッソ)のコメント

なでしこリーグ 第2節 I神戸戦|試合後のセレッソ選手(松原志選手)コメント

なでしこリーグ 第2節 I神戸戦|ホームゲームイベントレポート(写真多数)

公式記録(PDF)

順位 チーム名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 INAC神戸
レオネッサ
6 2 2 0 0 7 1 +6
2 浦和レッドダイヤモンズ
レディース
6 2 2 0 0 6 1 +5
3 AC長野パルセイロ
・レディース
6 2 2 0 0 3 1 +2
4 日テレ・ベレーザ 3 2 1 0 1 3 2 +1
5 ノジマステラ
神奈川相模原
3 2 1 0 1 1 2 -1
6 ジェフユナイテッド市原
・千葉レディース
2 2 0 2 0 1 1 0
7 アルビレックス新潟
レディース
1 2 0 1 1 2 3 -1
8 マイナビベガルタ仙台
レディース
1 2 0 1 1 0 1 -1
9 日体大FIELDS横浜 0 2 0 0 2 1 6 -5
10 セレッソ大阪堺
レディース
0 2 0 0 2 2 8 -6
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)