シェアする

2018 J1リーグ 第5節 セレッソ大阪 vs 湘南ベルマーレ

シェアする

ドンヒョンと健勇の豪快なゴールで今季リーグ戦初勝利!

これまでの4節を3分1敗とリーグ戦未勝利で迎えた第5節、セレッソ大阪はホーム キンチョウスタジアムに湘南ベルマーレを迎えました。

代表ウィークでリーグ戦は2週間の期間が開きましたので、選手もリフレッシュでき(代表組除く)、ここまで未勝利のチームの立て直しができたかどうかも注目でした。

そして、ロシアでワールドカップが開催される今年は、日程の関係から平日開催のリーグ戦も多く組まれていることから、ACLも含めて、この試合から12連戦が始まる試合でもありましたので、セレッソ大阪としては、何としても勝利が欲しい一戦でした。

結果は、前半から多くのチャンスを作ったセレッソが、ドンヒョンの豪快なゴールで先制。前半のうちに同点に追いつかれますが、後半から交代出場の健勇が、終了間際の86分にこれまた豪快なシュートを決めてリードを奪い、2-1で勝利!!!

セレッソ大阪 2 1 前半 1 1 湘南ベルマーレ
1 後半 0
13′ ヤン ドンヒョン
86′ 
杉本 健勇
得点 36′ 岡本 拓也

今季、リーグ戦での初勝利を挙げ、リーグ戦の順位でも12位まで順位を上げました。

スタジアム キンチョウスタジアム
入場者数 13,882人
天候/気温/湿度 晴 / 14.2℃ / 69%
主審 荒木 友輔
副審 武部 陽介、西村 幹也
第4の審判員 大塚 晴弘

キンチョウスタジアムには、13,882人の観客が入りました。もう少し入ってほしいですが、今シーズンは成績がイマイチなので、これからですかね。

試合開始前には、ジンヒョンの300試合出場の記念セレモニーがありました。ここまでセレッソ大阪一筋で300試合出場達成ですからスゴイですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

湘南ベルマーレ戦のスタメン

前節の神戸戦からは、曜一朗と木本がスタメンに入り。代表帰りの健勇はこの日はベンチスタート。山ちゃん(山下選手)はベンチです。

そして代表の欧州遠征で2試合とも出場していた蛍は、この日もスタメンに入っています。

ソウザ・やまむー(山村選手)が負傷でベンチ外となり、ボランチとしては、マー坊(西本選手)がベンチ入り。そして、隆貴(福満選手)が負傷明けでベンチ入りしてきています。

こうやって考えると、オスマルを獲得しておいてよかったと思えますね。

試合展開

前半

前半序盤からセレッソ大阪ペースで試合は始まります。ハイライン・ハイプレス戦術の湘南ベルマーレですが、この日はプレスがそれほど嵌らず、無理にプレスに行ってはファウルを取られる場面が多く、セレッソが落ち着いてボールを回して攻撃を繰り出していきます。

開始早々、蛍と曜一朗が戦術の確認・相談

2人でチームも引っ張っている気がします。

そして、13分、ジンヒョンからのキックをドンヒョンが体を張って競ると、こぼれ球に宏太が上手抜け出し、右サイドをドリブル。そして、中のドンヒョンにパスを送ると、ドンヒョンは1フェイントを入れて、ペナルティエリア右の手前から、左足を一閃。シュートは相手GKの手をかすめて豪快にゴールイン!!セレッソ大阪が先制点を挙げます。

ドンヒョンを祝福するシーン(その1)

ドンヒョンを祝福するシーン(その2)

ドンヒョンのゴールシーン動画

その後も湘南のプレスを交わしながら、左右にボールを展開して攻勢に出るセレッソ。この日ホームで初先発のボランチのオスマルも、簡単にボールをはたくので、テンポよく左右にできている気がしました。ソウザのボール奪取力と攻撃の破壊力も魅力ですが、オスマルの守備と攻撃(パス)は違う意味で安定的に見れてGoodですね。

このままセレッソペースで進むかと思った前半ですが、36分にワンチャンスを決められてしまい、あっけなく失点。湘南に左サイドに展開されると、速い弾道のクロスをペナルティエリア内に通され、逆サイドの大外にいた相手MFにコースを狙ったボレーで合わせられ、同点に追いつかれてしまいます。ここまでピンチらしいピンチがなかったのに、このワンチャンスを決められてしまいます。

そして、ここから少しバタついてしまうのが、まだまだだなと思うセレッソ。続く43分にも相手FWに抜け出される決定的なピンチを迎えます。しかし、ここは木本が辛うじてカバーに入り得点を許しません。

終了間際の45分には、セレッソも反撃。蛍の縦パスをドンヒョンがフリックし、攻めあがってきていた陸が強烈なシュートを放ちます。しかし、GKがはじいたこぼれ球に詰められず、1-1のまま前半終了。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする