シェアする

【FUJI XEROX SUPER CUP 2018】川崎フロンターレ vs セレッソ大阪

シェアする

FUJI XEROX SUPER CUP 2018、天皇杯優勝のセレッソ大阪が勝利して2018年シーズン最初のタイトルを獲得

2018年シーズンの到来を告げるXEROX SUPER CUP(ゼロックス・スーパーカップ)、2017年J1リーグのチャンピオン川崎フロンターレと、天皇杯チャンピオンセレッソ大阪が対戦しました。

この大会の試合方式<試合方式および勝敗の決定>は、

  • 90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合はPK方式(ABBA方式)によって決定
  • 選手交代人数5名
    各チーム交代数3回まで(ハーフタイム除く)

PKは新方式、交代が5人までという、リーグ戦・カップ戦では実施していない方式が注目されました。

結果は、前半からセレッソ大阪ペースで進み、前線からのプレッシングとボールを奪ってからの効果的な攻撃で川崎フロンターレを圧倒し、26分に蛍(山口選手)のゴールで先制すると、後半開始早々の48分にキヨ(清武選手)、78分には交代出場の高木選手ゴールで3得点を奪い3-2での勝利。

川崎フロンターレ 2 0 前半 1 3 セレッソ大阪
2 後半 2
51′ 小林 悠
90+2′ 大久保 嘉人
得点 26′ 山口 蛍
48′ 清武 弘嗣
78′ 高木 俊幸

不用意に与えたPKとミスからの失点で1点差の勝利となりましたが、得点差以上に内容でも上回り、前年度のJ1リーグ王者を危なげなく退け、今シーズン最初の公式戦で、セレッソ大阪XEROX SUPER CUP制しました

2018年の公式戦(天皇杯・ゼロックススーパーカップ)を2勝とし、2018年シーズンのいいスタートを切ることができました。

この試合の後は、中3日で、14日のアウェイ済州(チェジュ)でACL(アジア・チャンピオンズリーグ)グループリーグの第1戦が始まりますので、11日には韓国に向けて移動したセレッソ大阪。今年もいいシーズンを過ごせるといいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始まで

ゼロックス・スーパーカップは、埼玉スタジアムで開催されました。

スタジアム手前のゲートは、もちろんこの試合向けの仕様になっています(写真は公式より)

スタジアム 埼玉スタジアム2002
入場者数 41,803人
天候/気温/湿度 晴 / 11.5℃ / 37%
主審 福島 孝一郎
副審 平間 亮、木川田 博信
第4の審判員 池内 明彦

観客は41,803人を集め、セレッソ大阪はアウェイ側(ビジター側)に陣取ります、

ゴール裏はルヴァンカップ・天皇杯よりは少なめの観客になっていますが、熱いサポーターが埼玉に駆けつけています(試合は公式より)

私も現地に行きたかったのですが、今回は大阪でテレビでの観戦となりました。

メンバー

スーパーカップの川崎戦のスタメン

この日のスタメンは、ソウザがコンディション不良でベンチからも外れている以外は、昨シーズンのメンバーと同じ。

キーパーはジンヒョン。両SBは陸とマル、CBはヨニッチと山ちゃん、ボランチは蛍とやまむー、右SHが宏太、左SHがキヨ、2トップが曜一朗と健勇のメンバーで、4-4-2のフォーメーションでスーパーカップに挑みました。

メンバー

川崎フロンターレ セレッソ大阪
スターティングメンバー
GK 1 チョン ソンリョン GK 21 キム ジンヒョン
DF 6 田坂 祐介 52′ DF 2 松田 陸
3 奈良 竜樹 14 丸橋 祐介 81′
5 谷口 彰悟 22 マテイ ヨニッチ
7 車屋 紳太郎 23 山下 達也
MF 21 エドゥアルド ネット MF 6 山口 蛍
19 森谷 賢太郎 46*’ 7 水沼 宏太 64′
14 中村 憲剛 46*’ 10 清武 弘嗣 64′
41 家長 昭博 79′ 24 山村 和也
8 阿部 浩之 71′ FW 8 柿谷 曜一朗 46*’
FW 11 小林 悠 9 杉本 健勇 81′
控えメンバー
GK 30 新井 章太 GK 27 丹野 研太
DF 2 登里 享平 DF 5 田中 裕介 81′
MF 10 大島 僚太 46*’ MF 17 福満 隆貴 64′
16 長谷川 竜也 71′ 26 秋山 大地 81′
25 守田 英正 52′ FW 13 高木 俊幸 64′
FW 20 知念 慶 79′ 18 ヤン ドンヒョン 46*’
4 大久保 嘉人 46*’
監督
鬼木 達 尹 晶煥

この日のベンチには、新加入の高木俊幸選手と、ヤン ドンヒョン選手が入っています。そして、メンバー発表時は木本選手も入っていましたが、急遽体調不良でベンチから外れました。

なお、急遽ベンチ外となった木本選手ですが、ACL第1戦に向けた2月11日の移動には帯同しているようなので、よかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)