シェアする

2019 J1リーグ 第15節 鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪 (AWAY)

シェアする

連勝で乗り込んだアウェイ鹿島での一戦は、前半何度も作った決定機を決められず。後半にPK献上で先制されると合計2失点で残念な敗戦

公式戦3連勝(リーグ戦2連勝)で勢いに乗るセレッソ大阪、チームとしての形ができつつあり、シーズン序盤から積み上げてきたものが攻守ともに噛み合って、個人的にはチームが強くなっていると実感しています。

代表戦での中断明け、リーグ戦前半も終盤に差掛かった第15節は、アウェイ鹿島に乗り込んで、リーグ戦での3連勝を目指して戦います。対戦相手の鹿島アントラーズは、昨季ACL王者でもあり、タイトルを複数獲得している常勝軍団。直近2節は下位相手に取りこぼしてはいるものの、決して侮れない相手かつ、ホームで強いチームです。

今季のロティーナ監督は、対戦相手ごとに対策をきっちりと準備して戦っていきますので、対アントラーズ対策として、どんな戦術を植え付けたのか、それをチームとして体現できるか、そして、勝ち点を持ち帰れるかに興味を持っていました。

試合は、前半はセレッソが攻勢で、何度も決定機を作りますが、相手GKの好守などで得点を奪えずにいると、後半早々にPKを献上し失点。1点ビハインドとなってからは、相手のペースで試合が進み、ミスからボールを奪われると豪快なミドルシュートで追加点を奪われてしまい、2点差に。そして、セレッソも鹿島ゴールを脅かすシーンも作りますが、最後まで相手GKの壁を崩すことができずに得点を奪えないまま0-2で敗戦。

鹿島アントラーズ 2 0 前半 0 0 セレッソ大阪
2 後半 0
50’ セルジーニョ
72’ 白崎 凌兵
得点

直近のルヴァンカップ・リーグ戦で好調だったチーム状態のまま、前半はセレッソが完全に鹿島を圧倒し複数の得点機会があっただけに、「前半にゴールできていれば」と本当に思う残念な敗戦となってしまいました。

他会場の結果から、リーグ戦では10位に後退してしまいましたが、内容的には全く悲観する内容ではなかなっただけに、勝ちたかったですね

鹿島がACLのグループステージを突破して、ラウンド16に進んで6/18(火)に広島戦を行う関係で、リーグ戦は14日(金)に前倒して開催されました。

スタジアム 県立カシマサッカースタジアム
入場者数 10,208人
天候/気温/湿度 曇 / 21.6℃ / 65%
主審 荒木 友輔
副審 聳城 巧、堀越 雅弘
第4の審判員 川崎 秋仁

平日の夜(金曜日)の鹿島には、交通の便的には少し行きづらいのか、観客数は10,208人とサッカー専用のカシマスタジアムでのリーグ戦としては、少し少な目の数字という印象でした。

個人的には、初カシマスタジアムが、昨シーズンのACL決勝のペルセポリス戦でした(以下のブログ記事参照)。

2018 ACL決勝 第1戦 鹿島アントラーズ vs ペルセポリス(カシマスタジアム)観戦記
ACL決勝の第1戦、鹿島が勝負強さを発揮して見事勝利。初カシマスタジアムは名物の交通渋滞に見事ハマりましたw 11月3日(土)はアジア...

そのため、今年こそはリーグ戦でのセレッソとの対戦を、カシマスタジアムで観たいと思っていましたので、平日夜の試合に変更されましたが、思い切って鹿島まで行くことにして、現地観戦を楽しんできました

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始前まで

大阪からカシマスタジアムへ

鹿島へ向かうには、いろいろな行き方がありますが、基本的には東京駅からのバスがベースかと思います。(詳細は今後、スタジアムガイドで書く予定)

そのため当日の昼に伊丹から羽田へ飛んで、羽田から東京駅を目指すことにしました。

特に意識をせずに予約したのですが、羽田への便が「HELLO 2020 JET」という東京オリンピックの特別塗装機でした(下は伊丹での写真)

羽田(東京)について、あらためて撮ってみました

個人的には、思いがけずの搭乗になったので「ラッキー」という想いと「幸先がいいな」と思っていました。

そして、東京駅近くのホテルに荷物を置いて、15時20分発のスタジアムへの直行バス(座席指定)で向かうことにしました。

同じ時間には、自由席のバスも出ています。

指定席のバスは3台あって、そのうちの1台に乗り込みます。私は2号車でしたので、3番乗り場からバスに乗り込みます。

そして、バスに揺られること1時間半弱ほどで、「鹿島サッカースタジアム駅」横にある駐車場まで到着しました。

駐車場側からJRの鹿島サッカースタジアム駅越しに、カシマスタジアムを臨む写真

陸橋を渡ってスタジアムに向かうタイミングで、ちょうど電車が入ってきました。2両編成の小さな電車ですね。

陸橋を渡ると、スタジアムは目の前です

少しスタジアムをぐるっと回ってバックスタンド側の正面にジーコ像があるので、神様には一応、ごあいさつをしておきました。

この日の座席は、メインスタンド側のカテゴリー3(北)で、このあたりの位置からの観戦になりました。

ビジターサポーターの自由席(ゴール裏)が遠かったのが少し残念でしたが、サッカー専用スタジアムはピッチが近くてやっぱりいいですね。

スタジアムグルメ巡り

全てのお店は別記事(スタジアムガイド)でまとめますが、食べたもの中心に載せます。

まずは「鹿島食肉事業協同組合」さんの「もつ煮込み」

これはやっぱり美味しいですね。

そして、バックスタンド側の売店に行って「五浦ハム」さんのハム焼き

もうもうと煙が上がるなかで焼き上げている串はボリューム満点

こんな感じで、かぶりつきます。これで400円は安いかなと思います。

そして、前回食べた「ハラミメシ」のお店では「スモークターキー」を狙いましたー。

前回のACL決勝では、スモークターキーが売ってなかったのですが、今回は無事ゲット!

トレイに入れてくれるので、持ち運びにも便利ですね

そして、前回も食べた「シラス丼」を結局チョイス

他にも紹介しきれないくらい美味しそうなスタジアムグルメがあります。

今回は平日夜開催で混雑がマシな状況だと思ったので、ついついいろいろ楽しみました

鹿島サッカーミュージアム

そして、バックスタンド側の下にあるのが「サッカーミュージアム」です。

カシマサッカーミュージアム。お知らせ、フロアガイド、バックステージツアー、アクセス、開館時間、入館料、住所、等。

バックスタンドのコンコース内に受付窓口があります

そしてチケットを買って

階段を降りてミュージアムに向かいます

全体を撮った写真ですが、写真の右側には優勝フラッグ・トロフィーなどが数多く展示されていて、左側には年単位でのチーム編成が見れるようになっていて、その年の新入団選手の写真が掲示されていました。そして、中央部にはレジェンドのスパイクなどのグッズが展示されていました。

やまむー「山村選手」を見かけたので、ついつい撮ってみました

セレッソは、まだ2冠ですが、このミュージアムを観ると、もっと強くなって数多くのタイトルを獲っていきたいなと、あらためて思いました。

アップ中の選手たち~選手入場

目の前でアップしてたのもあって、少しパチリと撮ってみました

試合前は気合が入った表情をしていますね

メンバー発表の大型スクリーン

セレッソサポーターのゴール裏はこのくらいの人の入りでした

鹿島側はビッグフラッグが出てました

選手入場、この日は鹿島(赤)が相手なので、アウェイの白いユニフォームですね。

メンバー

鹿島アントラーズ戦のスタメン

スターティングメンバーは、前節の鳥栖戦と同じ11人が並びます。

4-4-2のフォーメーションで、2トップに奥埜とブルーノ、ボランチはデサバトと藤田、左SHにキヨ・右SHに宏太、ディフェンスはマル・陸の両サイドに、ヨニッチと木本、GKはジンヒョンという、ここ数試合のベースメンバーで挑みます。

鹿島アントラーズ セレッソ大阪
スターティングメンバー スターティングメンバー
GK 1 クォン スンテ GK 21 キム ジンヒョン
DF 6 永木 亮太 DF 2 松田 陸
5 チョン スンヒョン 3 木本 恭生
39 犬飼 智也 14 丸橋 祐介
22 安西 幸輝 22 マテイ ヨニッチ
MF 20 三竿 健斗 MF 5 藤田 直之
30 名古 新太郎 66′ 6 レアンドロ デサバト
11 レアンドロ 88′ 25 奥埜 博亮 70′
41 白崎 凌兵 77′ FW 7 水沼 宏太 73′
FW 8 土居 聖真 10 清武 弘嗣
18 セルジーニョ 20 ブルーノ メンデス
控えメンバー 控えメンバー
GK 21 曽ヶ端 準 GK 1 圍 謙太朗
DF 26 小池 裕太 77′ DF 15 瀬古 歩夢
28 町田 浩樹 16 片山 瑛一
MF 25 遠藤 康 23 山下 達也
4 レオ シルバ 66′ MF 32 田中 亜土夢
FW 14 金森 健志 FW 13 高木 俊幸 70′
19 山口 一真 88′ 8 柿谷 曜一朗 73′
監督 監督
大岩 剛 ロティーナ

そして、ベンチには、公式発表はされていなかったものの、負傷・コンディション面でメンバー外となっていた曜一朗と山ちゃんと、U20ワールドカップから戻ってきた歩夢が、ベンチ入りしています。

集合写真は時間があったので、鹿島側も撮ってみました

両チーム、キャプテンのコイントス

キャプテンはキヨ(引き締まった表情です)

(次ページに続く)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする