シェアする

2018 J1リーグ 第13節 セレッソ大阪 vs Vファーレン長崎

シェアする

11連戦の最終戦は、曜一朗・マル・宏太の3ゴールで長崎に勝利!順位も4位に浮上!

3月31日のJ1リーグ第5節から、中2日・3日で続いた公式戦の11連戦の最後、5月5日のこどもの日に行われたJ1リーグ第13節、5位につけるセレッソ大阪は、ホーム ヤンマースタジアム長居に今年J1に初昇格したVファーレン長崎を迎えました。

鹿島のACLの関係で次節(第14節)が7月に延期になっていることで、この試合が終わると2週間試合がないセレッソ(次は15節5月20日の広島戦)は、公式11連戦を勝利で締めくくりたいところです。

結果は、曜一朗が華麗な個人技で相手を交わして奪った先制点、FKからマルが奪ったゴラッソ、そして何度もスプリントを繰り返していたトシからのアシストを宏太が決めて奪ったダメ押しの得点と、セレッソ大阪が3点を奪い長崎の反撃を1点に抑えて、見事勝利。

セレッソ大阪
3 2 前半 0 1 Vファーレン
長崎
1 後半 1
30′ 柿谷 曜一朗
37′ 丸橋 祐介
86′ 水沼 宏太
得点  54′ 中村 慶太

他会場の試合結果から、リーグ戦の順位も4位に浮上しました。

次節は試合がないので(7月22日に延期のため)次は5月20日(日)の首位広島戦です。次も勝利して首位との差を少しでも縮めて、ワールドカップの中断期間に入りたいものです。

スタジアム ヤンマースタジアム長居
入場者数 29,845人
天候/気温/湿度 晴 / 22.6℃ / 26%
主審 家本 政明
副審 数原 武志、勝又 弘樹
第4の審判員 日比野 真

この日は3万人近くの観客が入りました。(クリックで拡大)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合前

こどもの日で「SAKURA SOCIOファミリーデー」と銘打ったイベントや、戦隊シリーズのヒーローショーや、シェアリングエコノミーとのコラボ企画などの、数多くのイベントが企画されていて、この日は開門時間も早かったですし、各種イベントは結構盛り上がりを見せていました。

キックターゲットは、キンチョウスタジアム北側の広場で実施されていました。

他のイベントの写真は残念ながら撮れていませんが、その他に試合前のゆるーい動画とカッコイイ動画を少し撮ったので載せてみます。

オカンのママチャリ

勝ちダンス(CEREZO満開)の時はキレキレダンスするのに、こういうシーンでは、ホンマに大阪のおばちゃんかと思える、自転車(ママチャリ)に乗るオカン。

この動画では撮り損ねましたが、乗る時もホンマにおばちゃん乗りしはるので、かわいらしいですよね。

We are Cerezo

ゴール裏のサポーターが真ん中に集合して、「We are cerezo(オーオオー)♪」の大声援を送ったあと、コールリーダーの掛け声から「セレッソ大阪(手拍子)、セレッソ大阪(手拍子)」の声援を送るシーン

We are Cerezoのときは、真ん中に集合しているので、かなり空席が目立つように思えますが、選手入場直前の「Power and the Glory」を歌うときには、各自元の座席に戻るので、ゴール裏はほぼピンク一色に染まります。

選手紹介

今シーズンからめっきりカッコよくなったと個人的には思っている選手紹介のビデオ。

イントロ部分で過去からの映像と2017年のタイトル獲得時の映像までもかっこいいのと、最後の★★2つが強調されているところも好きですw。

選手入場~整列

ロビーが先頭で歩いてきて、両チームが並ぶまでの動画です。

そして、両チームの選手が整列

両リームキャプテンと主審にナカバヤシさんから花束

長崎のサポーターも結構来てくださっていました。

長崎からようこそ~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)