シェアする

2018 J3リーグ 第10節 セレッソ大阪U23 vs ギラヴァンツ北九州

シェアする

GW連戦の第3戦、ホームキンチョウでの北九州との対戦は、魚里選手のプロ入りJ初ゴールで先制するもドロー。J3奪取のチャンスを逸すも2位キープ。

ゴールデンウィークの3連戦で、第9節から中2日で迎えた第10節、前節終了時点で2位につけるセレッソ大阪U23は、ホームキンチョウスタジアムで15位のギラヴァンツ北九州と対戦しました。

試合の方は、セレッソ大阪U23の大卒ルーキー魚里選手が相手GKへのバックパスを奪い、プロ入り初ゴールを決めて先制し、リードを保ってゲームを進めますが、試合終盤にセットプレーから相手FWにヘディングでゴールを奪われ、1-1のドロー。

セレッソ大阪
U23
1 1 前半 0 1 ギラヴァンツ
北九州
0 後半 1
32′ 魚里 直哉 得点  83′ フェホ

他会場でリーグ首位の沼津が敗戦したため、セレッソ大阪U23が勝利した場合はJ3リーグ首位に立つチャンスでしたが、残念ながらドローに終わりましたので、勝ち点1を積み上げリーグ2位となりました。(2位をキープ)

スタジアム キンチョウスタジアム
入場者数 1,159人
天候/気温/湿度 曇 / 25.1℃ / 41%
主審 上原 直人
副審 酒井 達矢、大友 一平
第4の審判員 小久保 遼

この日のキンチョウスタジアムは、1,159人の観客を集めました(1000人超えると嬉しいです。目指せ2000人!)

セレッソ大阪U23の選手整列

試合前の両チーム整列

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

ギラヴァンツ北九州戦のスタメン

この日のGKは永石、DFはいつもの4人(翔・石尾君・怜哉・沖野)、MFはボランチにもっくん・陽、右に隼輝・左に魚里、FWは令衣と山内の11人で挑みます。

セレッソ大阪U23 ギラヴァンツ北九州
スターティングメンバー
GK 1 永石 拓海 GK 1 山岸 範宏
DF 29 舩木 翔 DF 2 有薗 真吾
35 沖野 将基 6 福田 俊介
37 森下 怜哉 24 川島 將
50 石尾 崚雅 MF 8 安藤 由翔
MF 28 中島 元彦 59′ 17 加藤 弘堅
36 斧澤 隼輝 18 内藤 洋平 62′
41 魚里 直哉 86′ 22 藤原 奏哉
57 喜田 陽 30 村松 大輔 67′
FW 25 山内 寛史 65′ FW 9 ダヴィ
33 米澤 令衣 25 前田 央樹 79′
控えメンバー
GK 45 茂木 秀 GK 21 高橋 拓也
MF 38 西本 雅崇 59′ DF 4 川上 竜 67′
39 チャウワット MF 15 野口 航 62′
FW 31 山根 永遠 86′ 43 本山 雅志
34 山田 寛人 65′ FW 31 フェホ 79′
40 安藤 瑞季
監督
大熊 裕司 森下 仁之

ベンチには、寛人・安藤・永遠・マー坊・チャウワット・茂木が入っています。

試合展開

試合開始前の翔と(最近髪型が少し話題の)陽

試合開始前の円陣を組む前のシーン

試合開始前の円陣

前半

セレッソボールで試合開始です

この日もキャプテンの怜哉、相手FWのダヴィとバチバチやりあってました。

前半開始早々、セレッソに立て続けにチャンス。

前半4分には、魚里が左サイドをドリブルで突破して令衣にパス。令衣がシュートを放ちますが、これはキーパー正面。

続く5分には、隼輝が相手ボールを奪ってドリブルでペナルティエリア付近まで運んで山内にパス。山内がシュートを放ちますが、相手DFに当たってGKがキャッチ。

チャンスを決めきれずにいると、徐々に北九州にもチャンスを作られ、あわやというシーンも増えてきます。

相手右コーナーキックでの守備のシーン。

2トップで先発出場の山内

積極的な姿勢で攻撃をけん引していた令衣

そして、北九州の攻撃をしのいで、迎えた32分。セレッソに待望の先制点が生まれます。

32分、相手DFからGKへのバックパスを鋭い出足で奪った魚里が、相手GKも交わして、ペナルティエリア左から思い切りよく右足を振り抜き、右のサイドネットに突き刺して、セレッソが先制!!

魚里選手はJリーグでの初ゴールです!

チームメンバーに祝福されてめっちゃいい笑顔しています

ナイスゴール!魚里選手!

翔も駆け寄って祝福します!

魚里選手のゴール動画

そして、1-0とセレッソ大阪U23がリードした状態でハーフタイムを迎えます。

(後半は次ページに続く)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)