シェアする

2018 J3リーグ 第4節 セレッソ大阪U23 vs SC相模原

シェアする

終盤に先制されるも残り数分で逆転。今季ホーム初勝利!GKの永石選手がPKストップのビッグセーブ!

J3リーグ第4節、前節のアウェイ富山戦で勝利を飾った(記事はコチラ)セレッソ大阪U23は、ホーム キンチョウスタジアムに、SC相模原を迎えました。

前節に続き連勝と、今季ホーム初勝利を目指して戦いました。

試合の方は、セレッソ大阪U23が効果的なカウンターでチャンスを作りますが、得点できずにいると、76分不用意にPKを与えてしまいますが、若き守護神 永石選手がPKを阻止するビッグセーブ。

しかし、80分に相手に先制を許してしまい試合は終盤に。ここから、88分にFKからマー坊のゴールで同点。91分には寛人の豪快なゴールで逆転し、最終的にはセレッソ大阪U23が2-1で勝利を収めました。

セレッソ大阪
U23
2 0 前半 0 1 SC相模原
2 後半 1
88′ 西本 雅崇
90+1′ 山田 寛人
得点
80′ 北井 佑季

この日のキンチョウスタジアムは、晴れで気持ちのよい天気でサッカー日和の1日となりました。

スタジアム キンチョウスタジアム
入場者数 1,009人
天候/気温/湿度 晴 / 19.5℃ / 30%
主審 酒井 達矢
副審 小出 貴彦、道山 悟至
第4の審判員 平野 裕一朗

開幕戦に引き続き、1,000人を少し超えた観客が集まりました。この調子で勝利を続けて、もう少しお客さんが入ってくれるといいですね。

私は、レディースの試合(13時キックオフでJ-GREEN堺)と悩みましたが、やはりU23を観戦ということで、キンチョウスタジアムで生観戦しました。

※同日開催なら、レディースと同じ会場もしくは近隣の会場でやって欲しいです・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

SC相模原戦のスタメンはコチラ

GKは永石、DFは右SBに沖野、左SBに翔、CBは怜哉と石尾くん(2種)。MFは右に隼輝、左に魚里、ボランチはマー坊ともっくん。FWは2トップで令衣と寛人です。

メンバー

セレッソ大阪U23 SC相模原
スターティングメンバー
GK 1 永石 拓海 GK 1 川口 能活
DF 29 舩木 翔 DF 2 丹羽 竜平
35 沖野 将基 5 梅井 大輝
37 森下 怜哉 15 辻尾 真二
50 石尾 崚雅 MF 6 サムエル アウベス
MF 28 中島 元彦 77′ 7 北井 佑季 90+1′
36 斧澤 隼輝 8 谷澤 達也
38 西本 雅崇 10 菊岡 拓朗
41 魚里 直哉 84′ 38 千明 聖典
FW 33 米澤 令衣 90+3′ FW 9 ジョン ガブリエル 73′
34 山田 寛人 13 久保 裕一 58′
控えメンバー
GK 45 茂木 秀 GK 29 田中 雄大
DF 30 大山 武蔵 84′ DF 4 米原 祐
MF 39 チャウワット MF 21 徳永 裕大
53 松本 凪生 24 川戸 大樹
FW 31 山根 永遠 77′ FW 14 チッキーニョ 90+1′
54 根木 洸希 90+3′ 19 大津 耀誠 73′
37 大塚 翔平 58′
監督
大熊 裕司 西ヶ谷 隆之

相手のGKは、元日本代表の川口選手です。名古屋の楢崎選手もそうですが、まだ現役で続けられているのはすごいですね。

試合展開

前半、キックオフ前の円陣後のハイタッチ。

前半

前半開始早々は、相手の相模原に攻め込まれる場面も作られますが、ディフェンスラインできっちり対応すると、徐々にプレスが嵌まりだし、ボールを奪ってはカウンターというチャンスも作っていきます。

17分には、自陣でボールを奪うと、寛人に繋いで相手と3対3の構図になりゴール前までドリブルで攻め上がり隼輝へパス。これをペナルティエリア内右から隼輝がシュートしますが、相手GKに防がれます。

キックを蹴る永石選手

FKの壁に指示を出すGK永石選手。

そして、一進一退の展開のまま、チャンスはセレッソの方が多い状況でスコアレスで前半は終了します。

後半

そして、セレッソペースで試合が続く中、74分にミスからボールを奪われて、相手FWにペナルティエリア内に侵入されると、不用意に相手を倒してしまいPKを与えてしまいます。

これを若き守護神GK永石が見事にストップ!!!

まずは相手にプレッシャーを与える永石選手

相手のキックを読みきってボール方向に飛びます

そして、見事セーブし(ボールは上に)ゴールは許しません!!!

これで傾きかけた流れを止めたかに思えましたが、相手が先制。

80分に相手の右からのクロスを中でフリーになっていた相手FWにヘディングで決められてしまい、0-1とリードを許してしまいます。

しかし、セレッソ大阪も攻勢を強めていき、チャンスを作っていきいます。

交代出場の永遠、左サイドのMFとして躍動

左サイドハーフで先発出場し、途中から右サイドハーフにも入っていた大卒ルーキー魚里。スピードもあり、体の使い方も上手くてかなり期待できます。

そして、試合終盤に立て続けにセットプレーを獲得すると、88分に同点ゴール。

左サイドからのFKを翔がゴール前にクロスをあげると、マー坊が相手のマークを外し、ヘディングで合わせて同点ゴール!!!

ゴール後はすぐに帰陣します(ダッシュ中のマー坊と武蔵)

帰陣途中にハイタッチで周囲から祝福されるマー坊

■ゴールシーンの動画はコチラ(Jリーグ公式)

この終盤88分に追いついたことで、勢いづいたセレッソ大阪U23。

アディショナルタイムにも見事なゴールが待っていました。

中盤でボールを収めて、隼輝からハーフウェーライン付近にいた寛人にボールが渡ると、ここから寛人がドリブル開始。

相手を力強く交わしながら、シュートコースを作ると、ペナルティエリア手前から右足を一閃。低弾道で強烈なシュートがゴールに吸い込まれて、アディショナルタイムでついに逆転!!!

ゴール後の寛人の祝福のシーン(武蔵が祝福・ハイタッチ)

ゴール後の寛人の祝福のシーン(翔が祝福・ハイタッチ)

ゴール後の寛人の祝福のシーン(ベンチメンバーと喜びあった後に笑顔でポーズ)

■寛人のゴールシーン動画はコチラ(Jリーグ公式)

この劇的なゴールで逆転し、見事セレッソ大阪U23がJ3リーグで連勝を飾るとともに、今季ホームでの初勝利を収めました。

感想など

相手GKの川口選手と握手を交わす永石選手

スタンドの前で挨拶(サポーターも嬉しそうです)

やっぱり勝つのはいいですね。

試合途中では、PKストップがあったのに、結局、相手に先制を許してしまい、いいゲームをしながらもズルズルと負けてしまうのかなと、昨シーズンの序盤のようなことが頭を過ぎりましたが、チームとして戦った結果、勝利を収めることができました。

特にルーキー組の動きがなかなか素晴らしくて、本当に期待できる気がします。

今回の記事は、なぜか永石選手特集のような写真になっていますが、安定感もあり、コーチングの声もしっかりしていて、守備範囲も広く、PKストップもできるということで、トップチームでも早く見てみたいなと思った試合でした。

そして、寛人やもっくん(中島選手)、魚里などもかなり効いていて、この試合には出ていませんでしたが、U-19日本代表に招集されている安藤も含めて、今年のルーキーは楽しみな選手が多いなと思います。

もちろん、2年目以上の選手も成長してきていると実感できるので、今年は何かと楽しみなシーズンになりそうに思います。

U23チームの試合も見るのが楽しくなりそうです。

皆さんも、是非、U23の試合を見に、スタジアムまで足を運んでみませんか!!

がんばれ!セレッソ大阪U23

試合詳細はコチラ

2018明治安田生命J3リーグ 第4節 セレッソ大阪U23 vs SC相模原(オフィシャル)

2018明治安田生命J3リーグ 第4節 セレッソU-23vs相模原(まいど!セレッソ)

J3 第4節 相模原戦|試合後の大熊裕司監督(セレッソU-23)記者会見コメント

J3 第4節 相模原戦|試合後のセレッソU-23選手コメント

更新日:2018年3月25日(日) 18:18

順位
クラブ名
勝点
試合数
得点
失点
得失点
1 FC琉球 10 4 3 1 0 10 6 4
2 ガイナーレ鳥取 10 4 3 1 0 7 3 4
3 アスルクラロ沼津 9 3 3 0 0 6 0 6
4 福島ユナイテッドFC 7 4 2 1 1 4 3 1
5 ガンバ大阪U-23 7 4 2 1 1 6 7 -1
6 セレッソ大阪U-23 6 3 2 0 1 4 3 1
7 藤枝MYFC 6 4 2 0 2 5 5 0
8 Y.S.C.C.横浜 5 4 1 2 1 7 6 1
9 鹿児島ユナイテッドFC 4 4 1 1 2 5 5 0
10 AC長野パルセイロ 4 3 1 1 1 3 3 0
11 グルージャ盛岡 3 4 1 0 3 5 7 -2
12 ギラヴァンツ北九州 3 3 1 0 2 3 5 -2
13 ブラウブリッツ秋田 3 4 1 0 3 2 4 -2
13 ザスパクサツ群馬 3 3 1 0 2 2 4 -2
15 FC東京U-23 3 4 1 0 3 4 7 -3
16 カターレ富山 3 4 1 0 3 6 10 -4
17 SC相模原 2 3 0 2 1 5 6 -1
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)