シェアする

第97回 天皇杯 全日本サッカー選手権 決勝 セレッソ大阪 vs 横浜Fマリノス

シェアする

第97回 天皇杯は セレッソが優勝!ルヴァンカップと合わせて年間2冠を達成

2017年シーズンの締めくくり天皇杯決勝、クラブとしての初タイトルのルヴァンカップとあわせて2冠を目指したセレッソ大阪

快晴でスッキリとした青空の広がる埼玉スタジアム2002で、横浜Fマリノスと優勝を争うことになりました。2018年元日の決勝で優勝を勝ち取って、ACLグループリーグからのストレートイン※を決めて、幸先のよいスタートを切りたいのものです。

※Jリーグ年間3位はACLのプレーオフからの出場、天皇杯チームはグループリーグに直接出場可能ため

試合は、前半開始早々に横浜Fマリノスに先制を許すものの、後半、やまむー(山村選手)のゴールで同点に追いつき、延長戦に持ち込むと、延長前半に宏太(水沼選手)のヘディングが決まり逆転。そして、そのままリードを保ち試合終了。ルヴァンカップに続き、天皇杯もセレッソ大阪が優勝しました!!

セレッソ大阪 0 前半 1 横浜Fマリノス
1 後半 0
1 延前 0
0 延後 0
65′ 山村 和也
95′ 水沼 宏太
得点 8′ 伊藤 翔

この優勝で、セレッソ大阪がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグからの出場を決め、Jリーグ年間4位の柏レイソルが繰り上げで、ACLプレーオフからの出場を獲得しました。

スタジアム 埼玉スタジアム2002
入場者数 42,029人
天候/気温/湿度 晴れ / 12.6℃ / 30%
主審 東城 穣
副審 相樂 亨、山内 宏志
第4の審判員 宮島 一代
追加副審 荒木 友輔、岡部 拓人

この日、埼玉スタジアムに詰め掛けた観客は42,029名。

埼玉と同じ関東圏がホームタウンのマリノス側のゴール裏は、かなり観客が埋まっていましたが、セレッソのゴール裏は少し空席も目立つ状況でしたが、コレオグラフィー(コレオ)がめちゃくちゃカッコよかったです。

2つの星★(優勝を表す)が表現されていて「ルヴァンカップとあわせて天皇杯も獲るぞ!」というサポーターの思いが凝縮された、とても素晴らしいコレオだったと思います。(あとで時系列で紹介します)

公式の写真ではこんな感じです。

実は、このコレオの手前側(下段部分)のビッグフラッグの下には、この時点では観客がほぼいません。コレオを掲げるときだけ、「★」を表現しているスタンド上段部に手前側に座っていたサポーターが移動して、ゴール裏のサポーター全員で作り上げた素晴らしいコレオだと思います。

観客の数を知恵でカバーしたアイデアの勝利だと思います。

対するマリノス側の観客席は、メンバー紹介時は旗がたくさん振られていて

選手入場のときは、ビッグフラッグが3枚掲出されていました。

どっちがいいか・好みかでいえば、セレッソ大阪のコレオの方が断然かっこいいし好きですね。選手も気合が入ったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始まで

ちなみに、この日は元日当日の移動で、新幹線で大阪から東京に移動しました。そのときに富士山がめちゃくちゃキレイに見えました。

「なんて縁起のいいお正月なのか」と思い、勝手にセレッソの勝利を確信していましたw。

そして電車を乗り継いで、いざ埼玉スタジアムへと向かいました。(埼玉スタジアムのスタジアムガイド記事はコチラ

写真を撮り忘れたのですが、埼玉スタジアムの最寄駅である浦和美園駅の構内にあるヤマザキデイリーストアルヴァンカップでおなじみのYBC商品が店頭にディスプレイされていました。

決勝買って連れて行って。そして天皇杯勝って」と言わんばかりでしたので、「ノアール」を即買いしてスタジアムに連れて行きましたw。

ヤマザキビスケット公式ページより商品紹介

スタジアムまでの道のり

浦和美園の駅から、てくてくと歩いていくと線路沿いの柵に過去の天皇杯の写真が掲出されていました。

セレッソに関係するものだけ載せてみます。

第74回大会(1995年1月1日:1994年シーズン)

セレッソ大阪 vs ベルマーレ平塚 (●0-2)

第81回大会(2002年1月1日:2001年シーズン)

清水エスパルス vs セレッソ大阪 (●3-2:延長)

この第81回大会は、現在の監督の尹さんも出場していました。この2001年シーズンはJ2に降格しましたが、最後は連勝して天皇杯決勝まで行きました(勝てなかったけど)

第83回大会(2004年1月1日:2003年シーズン)

セレッソ大阪 vs ジュビロ磐田 (●0-1)

シャケさん(酒本選手)も出場していた大会。決勝でジュビロに後半得点されてしまい、残念ながら準優勝。

ウェルカムゲートも天皇杯仕様

電光掲示部分が試合によって変わるウェルカムゲート。

この日は、天皇杯決勝の電光掲示になっていました。

スタジアム内

スルガ銀行が特別協賛してくれている天皇杯。スルガ銀行のキャラクター「スルちゃん」がスタジアム内にいたので、写真撮ってみました。

そして、マリノスサポが集まってる方向を見ると、タカ発見!w

あ、違いました、マリノスケでしたw。サポーターとの記念撮影に応じていました。

本物のタカ(この表現でいいのか?w)は、準決勝で負傷した影響で、この日はベンチ外になっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)