シェアする

2018 J1リーグ 第11節 ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

連戦の疲れからかミスが目立つ展開も、健勇のPKで追いつき、アウェイで貴重な勝ち点1を獲得

前節のホーム仙台戦での逆転勝利で、大阪ダービーでの敗戦ショックを払拭したセレッソ大阪。今節も勝利し連勝して勢いに乗れるかが注目のアウェイ磐田戦。

中2日で行われるこの試合は、セレッソは3名スタメンを入れ替え。FWに曜一朗・右SB宏太・CBに康太が入りました。

ACLも含めた連戦が続き、怪我人が多いセレッソ大阪は、連戦の疲れからか、簡単なミスが続きリズムに乗り切れません。そしてミスから失点して前半はシュート0本で後半に折り返します。そして、56分にPKで同点に追いつくと、その後は勝ち越しのチャンスもあったものの両チーム無得点で終了。1-1のドローでアウェイで貴重な勝ち点1を獲得しました。

ジュビロ磐田 1 1 前半 0 1 セレッソ大阪
0 後半 1
25′ 川又 堅碁 得点  56′ 杉本 健勇

他チームの結果から順位は5位のまま変動はありませんでした。

この日のヤマハスタジアム(別記事:アウェイのスタジアムガイド)はチケット完売で満員。ゴールデンウイークの初日ということもあってから、アウェイ側のゴール裏もこのようにたくさんのセレッソ大阪サポーターが駆けつけていました。(写真は公式より)

スタジアム ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数 13,884人
天候/気温/湿度 晴 / 23.5℃ / 42%
主審 上村 篤史
副審 聳城 巧、清野 裕介
第4の審判員 鈴木 規志

私は、ギリギリまでチケット購入を迷っていたので、結局、完売で買えず、今回はDAZNでの観戦となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

磐田戦のスタメン(写真は全て公式より)

仙台戦から3名入れ替え。FWは曜一朗、右サイドに宏太。そして前回ボランチで途中出場した康太がCB(センターバック)で先発です。

そして、前節2ゴールで復活ゴールのキヨが、仙台戦に引き続きスタメン入りしています。

ジュビロ磐田 セレッソ大阪
スターティングメンバー
GK 21 カミンスキー GK 21 キム ジンヒョン
DF 3 大井 健太郎 DF 2 松田 陸
4 新里 亮 4 藤本 康太
5 櫻内 渚 70′ 14 丸橋 祐介
6 ギレルメ 80′ 22 マテイ ヨニッチ
41 高橋 祥平 MF 6 山口 蛍
MF 7 田口 泰士 7 水沼 宏太 74′
11 松浦 拓弥 87′ 10 清武 弘嗣 86′
19 山田 大記 24 山村 和也
23 山本 康裕 FW 8 柿谷 曜一朗 82′
FW 20 川又 堅碁 9 杉本 健勇
控えメンバー
GK 36 三浦 龍輝 GK 27 丹野 研太
DF 24 小川 大貴 70′ DF 16 片山 瑛一
35 森下 俊 23 山下 達也
MF 14 松本 昌也 80′ MF 17 福満 隆貴 74′
30 上原 力也 38 西本 雅崇
FW 16 中野 誠也 87′ FW 13 高木 俊幸 86′
18 小川 航基 18 ヤン ドンヒョン 82′
監督
名波 浩 尹 晶煥

そして、ベンチにはマー坊・隆貴・トシなどが入っています。

ソウザ・オスマル・木本などがケガをしている関係で、ボランチやCBのやり繰りがキツくなってきている感じがしますね。

蛍・やまむー・ヨニッチあたりは連戦続きなので、体調面が心配ですね。

試合展開

前半

前半は、序盤はセレッソ大阪が右サイドからのCKを立て続けに獲得し、磐田を押し込む展開になりますが、徐々に相手のプレスの前にボールを前に運べなくなってきます。

そして、守備から攻撃への切り替えなどの場面で、パスミスが続き、自分たちから押し込まれていく展開に陥っていきます。

この日スタメンのキヨも、なかなかボールを運べず下がってボールを受けるシーンも多かったです。

相手の攻撃を跳ね返すヨニッチ

そしてセレッソ陣の右サイド(相手の左サイド)で劣勢を強いられる展開が続きます。また、ボランチに入ったボールを狙われてボールを奪われてカウンターを受ける場面など、なかなかリズムに乗れません。

そういう中、ボールを奪った後、自陣から繋ごうという意識から右サイドで、陸・宏太・蛍でパスを回して繋ごうとしますが、その蛍からのパスを相手に奪われて、左サイド(セレッソの右サイド)から中にクロスを送られます。このクロスを相手FWの川又選手が豪快にヘディングで決めて、磐田が先制します。

この日はCBでスタメン出場の康太

その後もセレッソは自分たちのミスから相手に追加点を与えかけるなど、不安定な戦いぶりが続き、攻撃面でも、なかなか磐田のゴール前までボールを運ぶことができません。

サイドからのクロスも中には合わず、キヨも下がってボールを受けて、中にクロスを供給するなどのプレー程度で、決定的なチャンスは作れません。

それを象徴するように、なんと前半のセレッソのシュート数は0本。得点の匂いすらしない厳しい展開の試合となります。

そして、前半はそのまま1点リードされたまま終了します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)