シェアする

2018 J1リーグ 第12節 名古屋グランパスエイト vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

ゴールデンウィークの連戦2戦目、アウェイ名古屋で勝ちきれずスコアレスドロー

前節のアウェイ ジュビロ戦では試合内容は悪いながらもドローに持ち込み勝ち点1を積み上げたセレッソ大阪。第12節の対戦相手は現在最下位に沈み、8連敗中の名古屋グランパス。

5位のセレッソ大阪としては、アウェイの連戦となりますが、今節はきっちりと勝ち点3を持ち帰りたいところです。

あいにくの雨と風が強い悪天候で行われたこの試合、前半の立ち上がりは名古屋に攻め込まれる場面もありましたが、それ以降はセレッソが攻め込むシーンを数多く作りゴールに迫るも得点を奪えず、結果的にはスコアレスドロー。勝ち点1を分け合いました。

名古屋グランパス

エイト

0 前半 0 0 セレッソ大阪
0 後半 0
得点

他チームの試合結果から、順位は変わらずセレッソ大阪は5位をキープしました。

ただ、キヨ(清武選手)が前半20分ほどで足の違和感から途中交代となってしまいましたので、怪我の程度が心配です。

スタジアム パロマ瑞穂スタジアム
入場者数 13,220人
天候/気温/湿度 雨 / 19.2℃ / 79%
主審 柿沼 亨
副審 越智 新次、田中 利幸
第4の審判員 間島 宗一

平日夜で雨という天候でしたが、13000人を超える観衆がスタジアムに詰めかけました。私も現地で観戦してきました。

スタジアムのパノラマ画像(クリックで拡大)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合前

この日は雨で、アウェイサポーターのゴール裏自由席には、屋根がありませんので、ポンチョ・レインコートを着てサポーターがは観戦します。

アップ前の選手挨拶のシーン

キックオフ前のゴール裏にはたくさんのサポーターが駆けつけました(写真は公式より)

選手入場(整列:両チーム)

セレッソの選手のアップ

メンバー

名古屋グランパスエイト戦のスタメン

健勇が負傷で連戦の残り2試合を回避ということで、この日のスタメンはドンヒョン。

ドンヒョンもコンディション面から出場回避かという情報が事前にありましたので、少し無理をして出場と感じです。

そして、グランパスのディフェンスラインが高めということから、裏を付ける隆貴・キヨがメンバーに名を連ね、トシもスタメンなので、4-2-3-1でドンヒョンの1トップ、キヨがトップ下というフォーメーションでした。

ベンチには、曜一朗・宏太・やまむーなどのリーグ戦のメンバーが名を連ねています。

個人的には、健勇・ドンヒョンが負傷やコンディション不良なのであれば、U23の寛人・令衣をベンチ入りさせてもよかたのではと思っています。(実は、寛人のスタメン抜擢を期待してましたw)

この日もキャプテンは蛍

アップ中の隆貴・キヨ

久しぶりのスタメン復帰のオスマル

試合開始前の円陣

円陣後のハイタッチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)