シェアする

2017J1リーグ 第28節 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

直近2節で連敗中のセレッソ大阪(勝ち点48)、ACL出場圏内の3位とは勝ち点差5の4位につけています(27節終了時)。

第28節は、現在2位につける川崎フロンターレとアウェイ等々力陸上競技場に乗り込んでの一戦です。前回のホームでの対戦では、2-0と快勝(記事はコチラ)しています。

セレッソ大阪は、3連敗は避けたいのはもちろんのこと、キックオフ前に3位の柏レイソルの敗戦がわかっていたので、ACL出場圏内に食い込むためにも勝ち点3が欲しい状況。

対する川崎も、首位アントラーズの敗戦が事前にわかっていたので、こちらも勝ち点3が欲しい状況でした。

最近、攻めてチャンスは作るものの得点を奪えず失点して敗戦するという展開が続くなかで、どのように立て直してきたのか、攻守のバランスを取り戻せているか、セレッソの守備が川崎相手に上手くはまるか、というあたりに注目して現地観戦に行ってきました。

結果は、序盤こそチャンスを作って攻め込むものの、徐々に川崎フロンターレにペースを握られ、セットプレーから失点すると、大量5点を奪われ1-5で敗戦。内容的にも完敗という一戦でした。

川崎フロンターレ 5 2 前半 0 1 セレッソ大阪
3 後半 1
19′ 谷口 彰悟
45′ 小林 悠
52′ エウシーニョ
58′ 森谷 賢太郎
89′ エウシーニョ
得点  68′ 柿谷 曜一朗

この日、横浜Fマリノスが勝利したため、順位も5位に下げてしまいました。

3位のレイソルとは勝ち点差は5のままですが、4位のマリノスとは勝ち点差3、残り6節で3位(ACL圏内)が現実的な目標となったように思います。

スタジアム 等々力陸上競技場
入場者数 24,225人
天候/気温/湿度 晴 / 23.7℃ / 71%
主審 西村 雄一
副審 唐紙 学志、川崎 秋仁
第4の審判員 高山 啓義
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始前

スタジアムに着いたら、チームバスが停まっていたので思わずシャッターを押してしまいました。(ファン感のイベントでチームバスに乗せてもらったことありますが、かなり豪華?な仕様のいいバスです)

ゴール裏のビジター自由席ではなく、ビジター指定席から応援することにしたので、席からの眺めはこんな感じ。

アップ前に選手がサポーターに挨拶

メインスタンドは、こんな感じです。2階部分が上に乗っかっているような感じですが、屋根が結構な部分をカバーしていていいスタジアムだと思います。(またスタジアムガイドは別途書きます!)

ビジター自由席のゴール裏はこんな感じ。1階は立ち見してて、2階は着席という感じみたいです。

キーパーのアップ(丹野選手とジンヒョン選手)

選手紹介など

選手紹介の前にU-17日本代表メンバー選出と、日本代表のメンバー選出の紹介があったのですが、ビジターチームのセレッソ大阪の選手の分も掲示板に表示してくれる川崎フロンターレの演出っていいなって思いました。(うれしかったです)

蛍と健勇の紹介(U-17も同じように紹介されてました!)

そして、セレッソ大阪のスタメン紹介。川崎に在籍経験のある田中選手、杉本選手の紹介のときには拍手が起きてました。こういうとこもいいなって思いました。

そして、おもしろかったのが川崎のメンバー紹介。

この日は東急グループフェスタ「川崎の車窓から2017」と銘打ったイベントが開催されていて、その流れで、東急の現役車掌さんがスタジアムDJとしてメンバー紹介を行いました。

選手紹介を出身地も絡めながら、電車のアナウンス風に紹介してくださっていました。動画にすればよかったと思いながら、写真だけパチリとしておきました!

川崎フロンターレのマスコット「ふろん太」くんと「カブレラ」くん

メンバー

川崎フロンターレ戦のスタメンは以下のメンバーです(公式より)

私の角度からはこんな感じです(「山崎コーチが被る…」と思ってるうちに、シャッター切るの遅れましたw)

スタメンには、ソウザ選手ではなく、ルヴァンカップなどで好調の秋山選手が入っています。

メンバー

そして、ベンチメンバーには、DF登録の選手が不在。木本選手と山村選手がセンターバックを務められるものの、サイドバックの控えは不在となっています。

ちょんまげヘアーをバッサリ切って爽やかな髪型になった山下選手

そして、清武選手がベンチに戻ってきています。

ソウザ選手・木本選手と鳥かご(ボール回し)をする清武選手

頼れる守護神のジンヒョン。韓国代表にも選出されています。

右サイドのコンビ 松田選手と水沼選手

試合開始前の円陣に集まる選手たち、大地(秋山選手)は緊張気味かも。

そして、円陣組んで、気合を入れていきます。

セレッソの守備がどこまで通用するか、連敗を脱出できるか(これが切実な願い)に注目して、現地で応援していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)