シェアする

2019 J1リーグ 第22節 セレッソ大阪 vs サガン鳥栖

シェアする

奥埜のゴラッソで先制も不可解な判定での不運もあり追加点が奪えず、試合終了間際に2失点で残念な逆転負け。リーグ戦で連敗を喫し8位に後退

2019年J1リーグ第22節、7位につけるセレッソ大阪は、J2降格圏の17位に沈むサガン鳥栖とホーム ヤンマースタジアムでの対戦です。前節の第21節、首位のFC東京とアウェイで対戦し0-3で敗戦しているセレッソは、リーグ戦での連敗は避けたいところ。また、対する鳥栖も降格圏に沈む状況から脱するためにも、勝ち点を積み上げて浮上のきっかけをつかみたいところ。両チームとも勝利が欲しい状況での対戦です。

前回の対戦は、14節にアウェイ鳥栖で対戦し、ブルーノのゴールでセレッソが1-0と勝利しています。

2019 J1リーグ 第14節 サガン鳥栖vsセレッソ大阪(AWAY)
ブルーノ メンデスの2試合連続ゴールで鳥栖に快勝!リーグ戦で連勝! 前節、好調の首位FC東京に狙い通りの展開で勝利を挙げ、上昇気流に乗...

試合の方は、サガン鳥栖のプレスを交わすセレッソが優位に試合を進め、前半の19分にコーナーキックのこぼれ球をおっくん(奥埜選手)がミドルシュートを叩きこみ、セレッソが先制します。その後もセレッソはチャンスを作りますが、得点は奪えないまま後半に折り返します。後半もセレッソが何度もチャンスを迎えますが、相手GKの好セーブと審判の不可解な判定の前に得点を奪えないでいると、試合終了間際の88分にCKから同点にされ、アディショナルタイムにもカウンターから失点をしてしまい、終わってみれば1-2での逆転負け。勝てる試合を落としてしまう痛恨の連敗となってしまいました。

セレッソ大阪 1 1 前半 0 2 サガン鳥栖
0 後半 2
19’ 奥埜 博亮 得点 88’ 林 大地
90+5’ 豊田 陽平

この敗戦でリーグ戦での順位も1つ下げて8位(勝ち点31)に後退、首位FC東京(勝ち点48)との勝ち点差は17と大きく離されてしまいました。

スタジアム ヤンマースタジアム長居
入場者数 27,571人
天候/気温/湿度 晴 / 29.9℃ / 74%
主審 木村 博之
副審 塚越 由貴、権田 智久
第4の審判員 先立 圭吾

この日のヤンマースタジアムは、27,571人の観客が集まりました。夏休みのお盆休み直前の3連休の中日だったので、もう少し観客が集まって欲しかったところです。チームがもっと上位戦線に参加していけると、観客も増える気がするので、連敗してしまいましたが、次に向けて頑張って欲しいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

試合開始前

ワンピースコラボ

第22節の鳥栖戦では、2019年8月9日(金)公開のワンピース劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」とのタイアップ企画ということで、コラボグッズの販売などがありました。

Jリーグとセレッソ大阪は、2019年8月9日(金)公開予定のワンピース待望の最新作、劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」とタイアップ企画を実施いたします。 8月11日(日)サガン鳥栖戦にて、…

セレッソコラボのルフィーのフィギュアを持ってる私(アイコンもルフィーですし)としては、「なんか欲しい!」ということで、グッズをチェックしに行きました

コラボレーショングッズとしては缶バッジやキーホルダー

クリアファイルやスマホケースなどがありました。

そんな中で私が買ったのがコレです

あと写真は撮ってませんがクリアファイルも買いました。SAKURA SOCIO限定のシークレットの缶バッジ(長方形)はルフィーを期待していましたが、サンジでした

コラボのショップだけではなく、セレッソのオフィシャルショップもありました。

商品が見やすく・わかりやすく展示されるようになって、ショップの位置も含めて良くなった気がします。

クレーンやほかのグッズなども売られていて、たくさんのサポーターが集まっていました。

スタジアムグルメ(トトバーガー)

そして、今回のスタグルは、ピッツアロトロさんにも惹かれるのですが、バックスタンド側にあるトトバーガーさんにしました。

ガーリックシュリンプも美味しそうです

前回は限定の「サーモン」をいただいたのですが、今回は定番のトトバーガーをいただきました。

サーモンも美味しかったですが、この定番の白身魚のトトバーガーもめっちゃ美味しいですね。いろいろと美味しいスタグルがあるので、何を食べるか悩んでしまいますね

トトバーガー買って、メインスタンド側に戻ってきたら、コンコースにオカン(ロビーナ)がいました。

スタジアムに到着したロティーナ監督は、ピッチを確認しに行ったあと、スタンドを見上げて微笑んでいました。(誰か探してはったんですかね)

泉佐野市のゆるキャラ「イヌナキン」が来てました。キン肉マンの「ゆでたまご」さんがデザインされたんですね(知らんかった)

あとこの日のレポーターは愛恵里ちゃん

やっぱり、セレッソのレポーターは愛恵里ちゃんがいいですね♪

フラッグシンフォニー・選手入場

GKのアップ前にゴール裏に挨拶に行くジンヒョンと圍。ロビーとハイタッチしています。

ゴール裏に挨拶

梅雨のころは、かなりひどい状態になっていたピッチもいい状態に戻りつつある感じです。

鳥栖のサポーター

アップで撮るこんな感じ

鳥栖で個人的に注目していたF・トーレス選手、クエンカ選手、原川選手

パワグロを歌うゴール裏

この日はゴール裏(ホーム自由席)は結構、上の方まで入っていました。

この日は「フラッグシンフォニーを動画で撮ってみよう」と思って、偶然カメラで撮っていました。

試合後に知ったのですが、セレサポのわんさん(@supergolazo)のお子さんがシンフォニーに参加されていたと聞き、Twitterで映っているか聞いてみたり

Twitterでは140秒以上の動画があげれないので、Youtubeにも上げてみたりしました。

このシンフォニーいつも綺麗だなと思っていたのですが、思いがけず「フラッグシンフォニーのアカウント」からもリプライをもらい、偶然撮ったにしてはお役に立ててよかったなと思いました。

事前に知ってたら、動画ではなくカメラでも狙ってみたのですが、残念ながら今回は試合前の整列シーンくらいしか撮ってませんでした

そして、選手が挨拶するシーンでは、8/23の神戸戦で引退するというトーレス選手を狙ってました。

神の子(トーレス)も引退ですね。少し寂しいですがJリーグでプレーする姿を生で見れてよかったなと思います。Jリーグ全体としては、ヴィッセル神戸も含めて海外の有名選手がプレーしているチームが上位にいると盛り上がるのでしょうが、両チームとも下位に沈んでいて、そう簡単にはいかないところが、サッカーって面白いなと思います。

メンバー

鳥栖戦のスタメン(ロビーつき)

直近のFC東京戦からは、歩夢が外れてデサバトが入っています。

フォーメーションは4-4-2で、東京戦では歩夢が入っていたCBには木本が入り、デサバトがボランチに入っています。それ以外はいつものメンバーが並びました。

セレッソ大阪 サガン鳥栖
スターティングメンバー スターティングメンバー
GK 21 キム ジンヒョン GK 18 高丘 陽平
DF 2 松田 陸 DF 13 小林 祐三
3 木本 恭生 15 パク ジョンス
14 丸橋 祐介 36 高橋 秀人
22 マテイ ヨニッチ 2 三丸 拡
MF 5 藤田 直之 MF 25 安 庸佑 60′
6 レアンドロ デサバト 41 松岡 大起 82′
7 水沼 宏太 4 原川 力
10 清武 弘嗣 39 金森 健志
FW 20 ブルーノ メンデス FW 7 イサック クエンカ
25 奥埜 博亮 79′ 9 フェルナンド トーレス 74′
控えメンバー 控えメンバー
GK 1 圍 謙太朗 GK 16 石川 慧
DF 15 瀬古 歩夢 DF 22 原 輝綺
16 片山 瑛一 MF 14 高橋 義希
23 山下 達也 6 福田 晃斗
MF 11 ソウザ FW 11 豊田 陽平 82′
32 田中 亜土夢 27 チアゴ アウベス 60′
FW 8 柿谷 曜一朗 79′ 31 林 大地 74′
監督 監督
ロティーナ 金 明輝

そして、ベンチには歩夢が入っていて、ソウザ・曜一朗もベンチ入りしています。

両チームキャプテンのコイントス

鳥栖のキャプテンはトーレス選手ですね

キックオフ直前の藤田選手

デサバト選手

円陣の中心でキヨが声をかけていますね

円陣で気合をいれて

ハイタッチ

個人的には、このハイタッチしているシーンが結構好きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする