シェアする

2018 J1リーグ 第20節 サガン鳥栖vsセレッソ大阪(AWAY)

シェアする

リーグ再開後未勝利のセレッソ、何度も鳥栖ゴールを脅かすも得点を奪えず、ミス絡みの失点に泣き敗戦

公式戦12連戦の真っ只中で、中2日・中3日の連戦をメンバーを変更しながら戦ってきているセレッソ大阪ですが、ワールドカップ中断期間再開後の5試合で2分3敗と、未だ勝利を挙げれていません。

第20節の対戦相手は、中断期間にF・トーレス選手や金崎選手などの大型補強を行ったサガン鳥栖。リーグ戦では降格圏の17位に沈んでいますが、侮ることはできない相手です。下位相手に取りこぼしの多いセレッソですが、確実に勝ち点を持ち帰りたいところです。

結果は、序盤からボールを握り攻撃のリズムが出てきたところで、ミスがらみで与えたCKから先制を許してしまいます。その後、選手交代も行いながら何度も相手ゴールに迫りますが、決定機を決めきれず無得点のまま試合は終了。下位相手にまたしても勝ちきれず、残念な敗戦となりました。

サガン鳥栖 1 1 前半 0 0 セレッソ大阪
0 後半 0
15′ 吉田 豊 得点

この敗戦で、リーグ戦は7位(勝ち点29)に後退してしまい、首位広島との勝ち点も16に開いてしまいました。また4位札幌(勝ち点30)から12位仙台(勝ち点26)まで、勝ち点4の中に9チームがひしめき、中位争いに巻き込まれてしまっています。

上位戦線に食い込んでいくためにも、次節以降に勝利を挙げて、流れを取り戻して欲しいものです。

スタジアム ベストアメニティスタジアム
入場者数 14,463人
天候/気温/湿度 晴 / 30.8℃ / 67%
主審 山岡 良介
副審 唐紙 学志、林 可人
第4の審判員 先立 圭吾

この日は、近く(久留米)で筑後川花火大会があったようで、スタジアムに向かう電車の中では、浴衣の方がたくさんいて、かなり混雑していました。

※試合中、花火大会の音が聞こえたり、観客席からも少し花火が見えたりという恩恵(?)もありましたw。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

スタジアムまで・試合前

JR鹿児島本線の鳥栖駅を降りると、こんなポスターで出迎えてもらえました。

改札を出ると右です。

駅を出ると、サガン鳥栖のフラッグもありました

駅からは虹の橋(歩道橋)を渡ってスタジアムです。

上の地図のとおり、渡ったらスグがスタジアムです。

こちらが虹の橋(歩道橋です)。鳥栖の選手・監督たちがお出迎えです。

駅からの近さはこの写真で確認してください(虹の橋から撮影)

中央から右の手前に駅のホームが見えていて、左の奥にスタジアムがあります。

歩道橋を降りたら、もうスタジアムです。

スタジアムの入口は、アウェイサポーター席とそれ以外で分けられています。

大型補強の2選手のパネルがありましたw

ベストアメニティスタジアムのゲートをくぐって入場します。

チケットをもぎってもらった後にあるゲート近くには、スタジアム名と鳥栖のエンブレムがありました。

入ってすぐに通路(コンコース)があって、グルっとスタジアムを回ることができます。

こちら、左手がゴール裏(ホーム)と右手側がメインスタンドの部分です。

私はメイン自由席でしたので、こちらのJゲートから入りました。

そして、座った席はこのあたりです(ジンヒョンがサポーター挨拶したところ)

選手たちが入場してきました。

アップしている選手たち

メンバー

サガン鳥栖戦のスタメン

前節の神戸戦から2人(曜一朗とやまむー)を入れ替えて、ドンヒョンと宏太がスタメンに名を連ねました。

8月8日(水)にはインデペンディエンテとのスルガ銀行杯があるため、もう少しメンバーを入れ替えてくるかもと思いましたが、メンバーは2人以外は大きく変更がありませんでした。

サガン鳥栖 セレッソ大阪
スターティングメンバー
GK 20 権田 修一 GK 21 キム ジンヒョン
DF 13 小林 祐三 DF 2 松田 陸
5 キム ミンヒョク 14 丸橋 祐介
3 高橋 祐治 15 木本 恭生
23 吉田 豊 22 マテイ ヨニッチ
MF 14 高橋 義希 MF 6 山口 蛍
36 高橋 秀人 7 水沼 宏太 84′
6 福田 晃斗 10 清武 弘嗣 88′
4 原川 力 84′ 11 ソウザ
FW 44 金崎 夢生 FW 9 杉本 健勇
9 フェルナンド トーレス 90+4′ 18 ヤン ドンヒョン 71′
控えメンバー
GK 18 高丘 陽平 GK 27 丹野 研太
DF 24 安在 和樹 84′ DF 23 山下 達也
33 ジョアン オマリ 5 田中 裕介
8 藤田 優人 MF 17 福満 隆貴 88′
MF 21 加藤 恒平 25 山内 寛史 71′
FW 11 豊田 陽平 90+4′ 26 秋山 大地
27 田川 亨介 FW 13 高木 俊幸 84′
監督
マッシモ フィッカデンティ 尹 晶煥

鳥栖の方は、2トップに大型補強で獲得したトーレスと金崎の両選手がメンバー入りしています。

そのメンバーの写真を撮ろうと思ったのですが、ベストアメニティスタジアムの鳥栖サポーターは、メインスタンドでも選手入場時は立って旗を振る人などがいらっしゃって、視界がかなり遮られてしまいました…。

一瞬、視界が開けた隙に撮ったのがコチラ。トーレスも写ってます。

両チームのキャプテンのコイントス。

相手のキャプテンの吉田選手は「イノシシユタカ」って呼ばれてるんですねw(試合後のトーレスのツイートから判明したこと)

セレッソはキヨがメンバーにいると、やはり違いますね。

そして、コチラはトーレス選手(試合前です)

そして、キックオフ前の健勇とキヨ。なんかお兄ちゃんに相談している弟的な雰囲気が漂いますw

スタジアムのスクリーンでのメンバー表はこんな感じでした。

試合展開

前半

試合開始前の円陣

試合は、直近の試合の低調さと比べると、まずまずの立ち上がりをセレッソが見せていきます。ここ最近は、パスミスでボールを失い、ボールを上手くつなげなかったり、ロングボールの競り合いではセカンドボールをキープできずに、攻撃のリズムがなかなか出ませんでしたが、この試合ではMF陣を中心に上手くボールをキープしていました。

ただ、DFのバックパスのミスから相手にCKを与えるシーンもあり、完全にセレッソペースという試合ではありませんでした。

そして、8分には、キヨから宏太に浮き球のパスが出ると、ボレーでゴールを狙いますが、これはオフサイドの判定。

15分には相手のクリアボールがセレッソDF陣の背後に出たところを、CBの木本が陣ヒョンにバックパスしますが、これがなんと浮き球となってしまい、ジンヒョンが処理に手間取ってしまい最終的にはCKを与えてしまいます。

このコーナーキックからのこぼれ球を相手DFの吉田選手にボレーでゴールに叩き込まれてしまい、セレッソが早い時間帯でリードを許します。

ゴールが本当に見たい!健勇

この日はまずまずのデキ(と思う)蛍とソウザ

この日は暑さもあって、前半・後半とも給水タイムがありました。

そして、失点の後は、鳥栖の前に上手い攻撃を出せていなかったセレッソですが、FKからチャンスを作ります。

29分には、ペナルティエリア手前の左でドンヒョンがFKを獲得。このFKからソウザのクロスを木本がフリーでヘディングしますが、相手GKの正面に飛んでしまい、ゴールすることができません。

右サイドSHで先発、宏太

ボランチで縦横無尽に走っていた蛍

そして、前半の終盤はボールを握って攻め込んでいくセレッソですが、最後のパスが合わず、1点のリードを許したまま後半に。

ハーフタイムに入る前のジンヒョン(悔しそうな表情ですね)

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする