シェアする

2018 J1リーグ 第9節 ガンバ大阪 vs セレッソ大阪(AWAY)

シェアする

アウェイ吹田での大阪ダービーは、序盤圧倒するもPK献上での失点が重く、無得点で悔しい敗戦。リーグ戦の連勝は4連勝でストップ。

リーグ戦4連勝で順位も3位に浮上したセレッソ大阪は、アウェイ パナソニックスタジアム吹田に乗り込み、リーグ戦で最下位に沈むガンバ大阪と対戦しました。

直近の4月17日(火)のACLで、リーグ戦メンバーを温存し、直近のリーグ戦から多数のメンバーを入れ替えたセレッソ。対するガンバも、ルヴァンカップでターンオーバーを実施して主力を温存していましたので、両チームともこのダービーを「負けられない一戦」として捉えて準備していたのがわかります。

また、ガンバを率いるのは、元セレッソの監督レヴィー・クルビ。ここまで結果は出ていませんので、この一戦を落とすと立場的に微妙な状況。そのため、ガンバとしては更に負けられない。

セレッソは、レヴィーの元で育った選手も多いことから、恩返しの意味でも「成長を見せつけて勝ちたい」という意味で、負けられない、意地と意地がぶつかり合う試合となりました。

結果は、前半からペースを握って攻め込みますが得点を奪えずにいると、前半終了間際に与えたPKを決められた後は、ガンバの守備を崩せないまま鋭いカウンターにも手を焼き、得点を奪うことができず、1点を守りきられて敗戦

ガンバ大阪 1 1 前半 0 0 セレッソ大阪
0 後半 0
41′ ファン ウィジョ 得点

リーグ戦の連勝が4でストップし、順位も5位に後退しました。

ACLも含めると直近2試合の公式戦で連敗となってしまったので、次節は勝利で再びいい流れに持っていきたいものです。

スタジアム パナソニック スタジアム 吹田
入場者数 35,242人
天候/気温/湿度 晴 / 20.6℃ / 42%
主審 飯田 淳平
副審 唐紙 学志、武田 光晴
第4の審判員 浜本 祐介
スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

スタジアム周辺・試合前の様子

この日はいい天気で日中は青空が広がっていました。今年から吹田スタジアムではなく、パナソニックスタジアム吹田に変更になっています。

今回も私はカテゴリー6(アウェイ自由席の上に位置する上層階:指定席)で観戦しました。

カテゴリー6は、ピンク色に染まった下層階の上、この時点ではまだ空席(青いシート)が目立っている上層階の部分になります。

このカテゴリー6は、上からの視界になりますが、かなり見やすいのでお勧めです。

ちなみに、スタジアムの詳細情報はスタジアムガイドでも書いています(別記事はコチラ↓)

アウェイ観戦・吹田スタジアムのスタジアムガイド~桜スタジアムも募金で改修しよう!~
こんにちは。そら(@Football_sora)です。 アウェイのスタジアムガイドの第3弾は、お隣のガンバ大阪のホームスタジアムの市立...

バックスタンド側からパノラマで撮ってみました(クリックで拡大)

そして、選手入場の前にはビッグフラッグも出て、かなり盛り上がります(選手がピッチに登場してサポーターに挨拶するシーンは5:00過ぎくらいなので、早送りしてください

選手もアップを開始

セレッソサポーターは「We are Cerezo」で試合開始前の雰囲気を盛り上げます。

ダービーの雰囲気・独特の空気・熱気でスタジアムが包まれていた気がします。

セレッソの選手紹介(スタメン)

セレッソの選手紹介(リザーブメンバー)

選手入場前のコレオは、シンプルに「★」を1つ表現していたようですね。

そして、選手入場

両チーム整列

セレッソの選手をズームしてみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)