シェアする

AFCチャンピオンズリーグ2018 グループステージ MD2 セレッソ大阪 vs 広州恒大

シェアする

尹さんの采配に驚き!強豪相手でも新戦力を起用しチームの底上げと今シーズンの指針も示しながら、ACL2戦で勝ち点4(無失点)で上々の滑り出し

アジア2万クラブの頂点を決める戦い、アジアチャンピオンズリーグ2018。

2月14日に行われたACLグループリーグ第1節(MD1)をアウェイ済州(韓国)で済州ユナイテッドに1-0と勝利して、幸先のよいスタートをきったセレッソ大阪

第2節はホーム長居スタジアムに、中国チャンピオンの広州恒大を迎えての1戦です。

広州恒大とは、2014年のACLのラウンド16でも対戦し、ホームでは1-5で大敗しています。その時のリベンジを果たしたいセレッソ。広州恒大が初戦引き分けたこともあり、ACLの初戦と第2戦で勝ち点6を挙げると、今後のグループリーグの展開が楽になりますので、直接対決で勝利を目指したい一戦でした。

結果は、前半はなかなかペースをつかめませんでしたが、曜一朗と健勇が交代出場した以降、攻勢を強め広州ゴールに迫り2度ネットを揺らします。しかし、1つはオフサイドとの判定、もう1つはコーナーキックのクロスがゴールラインを割っていたため、どちらもノーゴールで、両チームともスコアレスでゲーム終了勝ち点1を分け合いました。

セレッソ大阪 0 前半 0 0 広州恒大
0 後半 0
得点

グループリーグの首位争いのライバルになるであろう広州恒大に負けなかったという点では、評価できる試合かと思います。

そして、もう1試合の済州(韓国)とブリーラムユナイテッド(タイ)の対戦は、済州が勝利したため、セレッソ大阪が1位(勝ち点5)、2位:済州(勝ち点4)、3位:広州恒大(勝ち点2)、4位:ブリーラム(勝ち点1)で、グループ首位を守りました。

スタジアム 大阪長居スタジアム
入場者数 9,885人
天候/気温/湿度 曇り / 6℃ / 54%
主審 アンマル アルジネイビ
副審 アハメド アルラシュディ、ザイド カマル
第4の審判員 ヤコブ アルハンマディ

平日の夜開催でしたが、なんとか試合開始までにはスタジアムに駆けつけることができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

メンバー

この日のスタメンは、体格のいい広州恒大相手ということを意識してか、2トップにヤン ドンヒョンと、やまむー(山村選手)の2人を並べ、センターバックにも、山ちゃん(山下選手)を起用して、相手のパワーに対応しようという布陣。

そして、左サイドハーフには、トシ(高木選手)が入っています。

驚いたのが、この2トップ。トシの左サイドハーフ起用は予想できたものの、トップは健勇と曜一朗のどちらかはスタメンに入ると思っていました。そして、ドンヒョンとどちらかが組むのではと予想していたのですが、2人ともベンチに置くというのが驚きでしたね。

メンバー

セレッソ大阪 広州恒大
スターティングメンバー
GK 21 キム ジンヒョン GK 32 リュウ ディエンズオ
DF 2 松田 陸 DF 5 ジャン リンポン
14 丸橋 祐介 6 フォン シャオティン
22 マテイ ヨニッチ 28 キム ヨングォン
23 山下 達也 83′ 35 リー シュエポン
MF 6 山口 蛍 MF 2 リャオ リーション
7 水沼 宏太 86′ 8 ネマニャ グデリ 83′
11 ソウザ 11 リカルド グラル
24 山村 和也 27 ジョン ロン 67′
FW 13 高木 俊幸 75′ FW 7 アラン 75′
18 ヤン ドンヒョン 29 ガオ リン
控えメンバー
GK 27 丹野 研太 GK 40 リュウ シーボー
DF 5 田中 裕介 DF 23 ドン ハンウェン
MF 15 木本 恭生 25 ゾウ チョン
17 福満 隆貴 86′ MF 15 ジャン ウェンジャオ 75′
26 秋山 大地 16 フアン ボーウェン 83′
FW 8 柿谷 曜一朗 75′ FW 17 ヤン リーユー
9 杉本 健勇 83′ 20 ユー ハンチャオ 67′
監督
尹 晶煥 ファビオ カンナバーロ

ベンチにはいつものメンバーと、普段はスタメンに名前を連ねる曜一朗と健勇が入っています。

ACLの試合前のレフリーとの記念撮影。蛍と相手のキャプテン ガオ リン選手。

ACL用のユニフォームを身に着けて戦います。このユニフォームは、前のデザインも特徴的ですが、背番号の数字のフォントも独特な数字になっています。

試合開始前の円陣で気合を入れます。

電光掲示も試合ACL仕様(英語表記)

もう一つの方は日本語表記ですが、ネーミングライツの「ヤンマー」部分は黒で隠されています。

キックオフ前のトシ

前線で仕掛けるところでは、いい動きをしていたと思います。今後も期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク(大)